人気ブログランキング |

Simple Soul

<   2009年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

2009,8,29 大阪 十三Club Water<ジャムロワイヤルvol.3>。

e0125762_20573880.jpg

8月29日、夜は大阪 十三Club Waterへ。
イベントは
<ジャムロワイヤルvol.3>
カントリーコーン / リーライズ楽団/FLAKES BURN GROUP / 情熱マリ子とメグミ・アラモード

いつも応援しているフレイクスバーングループも出るイベントです。
3回目になるんだなー。

詳細&photoはこちら……
by cattail-kk | 2009-08-30 21:42 | 音楽・ライブ | Comments(2)

大阪 長居公園 植物園ーコスモスが咲く日々。

e0125762_201187.jpg

いつも花を見に行ってる私に会社の人が「長居公園のコスモスがいっぱい咲いてるらしいわよ。」と教えてくれました。
植物園のニュースでは見てたのですが、新聞に載る程なら相当に咲いたんだろう、と行ってきました。
e0125762_2053686.jpg

時は8月29日。まだ夏休みの宿題も出してない頃?
(大阪は今年はインフルエンザの休校によって、早く始まってますけど)
e0125762_206190.jpg

どうしてもコスモスと言うと秋桜、秋を想ってしまいます。
e0125762_2081144.jpg

中央の栗の木を囲むコスモスの群れ。栗もいがぐりをつけています。
e0125762_2092236.jpg

内緒話してるみたい。
e0125762_20101380.jpg

綺麗なピンク。
e0125762_20115645.jpg

花粉を振りまいて
e0125762_2012396.jpg

虫達が引き寄せられて。
e0125762_20134638.jpg

場所は植物園正面入り口を入って右寄りに博物館を越えた先。
e0125762_2015111.jpg

一足早い秋を感じてみませんか。

大阪市立長居植物園   〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
9時30分~17時(入園は16時30分まで)※11月~2月は9時30分~16時30分(入園は16時まで)
by cattail-kk | 2009-08-30 20:20 | 旅・おでかけ | Comments(2)

ついてない日曜日。

e0125762_4304250.jpg

8月も終わりですねー。
暑いの嫌ー、と言ってた割に良く出掛けました。って、まだ行きたいトコも多いのですが。

なんだか涼しくなった今、妙にぐったりしてます、身も心もー。
展示会用のチラシ作りに追われて(検品の仕事で入ったんじゃなかったっけ??)
パソコンのキーボードに触るのも食調気味です。ちょっとブログもテンション低いなー。
e0125762_4492066.jpg

奈良で見た時計草。 何時見ても不思議な形!

そういえば、今回は「ついてない旅」でした。 
最近下調べも段取りも良くなってぐだぐださも減ったのですが、今回はささやかに「間の悪い」お出かけになりました。
 土曜日に出掛けようとしたら、家人其の2がぐだぐだで時間が遅くなり、中止。(その後3日間絶交状態)
 出掛けたら家人其の1が腹痛で1分の差で急行を逃す。
 同じく腹痛でホテイアオイを見てる間に脱落。
 私の愛用のサンダルが壊れてオークワでとりあえずのサンダルを買いに行く。
 家人のお昼のししとう、激辛でのたうつ。(運の悪い日には必ず辛い)
 大阪は涼しかったらしいが奈良酷暑。 なのに雨降る。
 帰りの電車の改札でクラブ帰りの集団にあって切符買うのに15分かかる。(急行またのがす)
まあ、全て些細なんですが「運が良ければ……」と願う事の全て正反対でしたー。
それはそれで「今日最悪やなー。」とウケるのですがね(笑)。
e0125762_525212.jpg

メアリーポピンズで「間違った側から起きたから」と言ってた気がします。きっとそんな日。
お出かけは楽しかったのですが、帰りの電車でしみじみついてなかったなあ、と感慨しきり。
車窓を眺めつつ、「梨狩り行きたいなあ。」と言ってみたら眠い家人が
「……足軽?」「ちゃう。梨狩り。あ、芋掘りもいいなあ。」
「……犬ぞり?」「ちゃうって。芋掘り!」
「ああ、ええなあ芋狩り。……ん?ちゃうか?芋ゾリ……?」「もう寝とけ!!」
やれやれ。今度はもうちょっといい旅できますよーに。
んで、早く涼しくなります様に!
by cattail-kk | 2009-08-29 05:13 | 日常 | Comments(2)

奈良 おふさ観音ー風鈴祭り。

e0125762_22727.jpg

8月24日、奈良 橿原神宮前からおふさ観音へ行きました。
31日まで「風鈴まつり」をやっているときいたので……。
e0125762_2293192.jpg

生憎の曇天……というか、雨女なので大体いつも曇天になるのですが。
e0125762_2312263.jpg

おふさ観音は近鉄大和八木から近い様です。この日はホテイアオイを見てから行ったので橿原神宮前駅〜畝傍御陵前駅〜小房と歩きました。
e0125762_234125.jpg

マップ再掲載。藤原宮と今井町(町並みが風情あるそうで行けなくて残念!!)の中間辺りですね。
かしはら万葉ホールを目印にして行けばすぐわかりました。
e0125762_2381281.jpg

169号線から看板どうりに入って行く道は大きいものではないですが、まつりに合わせてか周りの家にも風鈴がよく下がっていていい感じでした。
おふさ観音を正面から見た時、あんまり大きくないのでそんなに風鈴があるのかな??と思ったりもしたのですが、敷地的には奥へ長い感じ。
e0125762_242369.jpg

本堂前には販売用の風鈴があります。4時まで販売です。オーソドックスなものからちょっと感心するものまで沢山!!時期的に売り切れが多かったのが残念です。
e0125762_2461799.jpg

しかし境内の風鈴、200以上あると思われる風鈴が風で鳴る音は気持ちいいです。
ちりんちりん、ではなく乾いたからんからん……という感じ。(ちりんちりんもまじってますが。)風を肌でなく、耳で感じられます。
e0125762_2531670.jpg

本堂前で蠟燭を買って祈りました。ここはぼけ封じにも効果があるそうでご祈祷も年中無休でしてくれるらしい……。
e0125762_305649.jpg

境内も色々あります。個人的にこういうのが色々ある寺社が好きです♪
e0125762_323295.jpg

びっくりしたビンズル様。近所の「我孫子観音」にもあって節分に参ったら必ず悪いトコを治してもらう様に撫で擦るのですが、おふさ観音のビンズル様はなんだか……(笑)。
表情がスゴい。カメラを向けると即座に笑顔検知されました。像で笑顔検知したのは初めてだ(笑)。
e0125762_365639.jpg

本堂左から奥の円空庭(茶房おふさあり)へ向かいます。ずっと薔薇や色々な花達と風鈴がコラボしてます。
e0125762_391813.jpg

少し雨がぱらつく空。
e0125762_3102740.jpg

出た!!せんとくん!!
e0125762_3111485.jpg

亀と鯉の居る池を回って「茶房おふさ」へ。
e0125762_3121927.jpg

時間が早ければ色々試してみたいメニューです。近くで注文されていた薔薇のジュースがとても綺麗で気になりました。
e0125762_313539.jpg

お土産物も売ってるし、奥には風鈴の展示もあったりして気持ちいいところです。
ジブリの風鈴が多かったので子供が集まってました。
e0125762_3154958.jpg

広々としてて気持ちいいですー。
e0125762_317651.jpg

家人のアイスグリーンティーと
e0125762_3182229.jpg

私のアイスコーヒー。散々歩いたのでミルクもシロップも入れて休みました。しかし、こういうカップもいいもんだ……と、うずうず(笑)。
e0125762_320273.jpg

でも一番欲しくなったのはこの蚊遣り。いいなあ、これ。
e0125762_321136.jpg

庭園を前に、からんころんと言う音と冷たい飲み物、癒されます。
e0125762_3243613.jpg

「茶房おふさ」も4時までなので境内をうろうろ。素敵な風鈴も多かったのですが、きりがないくらいあるのです。本堂前の風鈴には色んなお願いが下がってました。
お願いと言えばここの絵馬は薔薇の絵があります。ちょっとめずらしい。
思わず微笑んでしまったお願い、「ながれぼしをみたい」
これを書いた子も、掛けてあげた人(親御さん?)も幸せになれますように。
e0125762_3311465.jpg

星に願いを、風に願いを。
おふさ観音、楽しかったです!!

イングリッシュローズの寺 おふさ観音  近鉄大和八木から10分ほど。橿原神宮前へは正直10分以上あると思いますが、畝傍御陵前は10分位。 駅にはタクシーもありますが、帰りは全然走ってなかったし、バスも1時間に2本程ですので歩く方が良いと思われます。
by cattail-kk | 2009-08-29 03:38 | 旅・おでかけ | Comments(2)

奈良 本薬師寺跡ーホテイアオイを見に。

e0125762_22413533.jpg

8月23日、念願のホテイアオイを見に行って来ました!!
e0125762_22444783.jpg

ホテイアオイは、ブログを始めて色々教えて頂くまで、全然知らなかったのですが、実際に見てみたら何とも綺麗な花でした!
e0125762_22483946.jpg

例によってのぐだぐだの旅ですが、何かの参考になればいいな、と思います!!
(「こんな失敗はしないでおこう」、とか……(笑)。
e0125762_2255465.jpg

地図で見て頂いて分かる通り(「こんなに陵マークのついた地図始めてみたわー。」と感心する家人)、今回の目的地「ホテイアオイの群生地」と「おふさ観音」は近い距離です。他の方のブログでも歩ける、とあったので迷いつつもまず近鉄「橿原神宮前」まで。
「大阪阿倍野橋」から吉野行き急行で39分。(610円)
この駅は2つの路線が合わさっているのでちょっと方向感覚を失う。(元からないのですが)
でね、うっかり西出口から出た私たちは暑い中、違う方向へ行ったり2つの線路の下をくぐったりしたのでした。
東口から出たらわかりやすかった!!
e0125762_2324016.jpg

「畝傍御陵前」で降りるとまっすぐ500m程で着くんですが、大した距離じゃなし一駅乗り換えるのも面倒だ、と歩き出したのですが距離は大したことない。大した事ないのですが歩きづらいです。169号線沿いの歩道は狭いし急勾配だし(サンダルが壊れた)。
しんどいのでこのへんかあ〜?と言って脇道に入っていちじくを買ったりしてたんですが、どうも違うようだ。
「おふさ観音」の案内が見えたのでちょっと焦ってしまいました。
e0125762_239650.jpg

駅で撮っといた上記の地図を見返して、この時点で「畝傍御陵前」まで安心して歩いたらよかったんだと気付いたんですが、はてしない田んぼにショートカット不可能なのを思い知らされる……169号線まで戻りました(汗)。
e0125762_23123757.jpg

左手に見えてるこんもりしたのがきっと畝傍御陵、といいながら歩いて駅発見。右折して行くとありました!! 
 169号線は畝傍御陵の駅近くまで案内の看板はなかったように思います。
観光地というより普通の町ですしね……。この案内も帰りに気がついた。だってカメラ持った人が遠目にも見えたから脇道から入ったし!!(ホテイアオイは低いので見えなかったのです)
e0125762_2320972.jpg

で、この群生!! 
まだ全面に咲き誇っている訳ではなく、一番西側が満開な他はまばらでしたが。
e0125762_23253853.jpg

薄紫に田んぼが覆われてます。
e0125762_23275769.jpg

しばらく感動したトコで蓮も見に行きました。奥の少しせが高いのが蓮ゾーン。
これからこの道沿いも咲いていくんでしょうね!!……また来よかな。
花が咲いてないとこも生き物が多くて面白かったです。
e0125762_23314763.jpg

「あっ、鴨!!じゃないけど。」と家人が差した水鳥。歩きづらそうにホテイアオイをまたいでるのが可愛かった。
e0125762_23333097.jpg

横の田んぼにはタニシが多かったですがこの貝は何者かわかりません。大きいのは5cm程ありました。
e0125762_2335729.jpg

蓮とホテイアオイが並んでるなんて私には2大スターの競演!!と言う感じです。
e0125762_23362479.jpg

んー、蓮もいいっ!!(笑)
e0125762_2338651.jpg

揺れる蓮に
e0125762_23393915.jpg

トンボ。(やたらと飛んでた。)
e0125762_23404168.jpg
e0125762_2341980.jpg
甲乙は無用です。
e0125762_23415252.jpg

蓮は2種類あったようで少し花びらが細めのも咲いてました。
e0125762_23431128.jpg

例によって接写(笑)。
e0125762_23435972.jpg

「しかし蓮の花って大きいわー。」といいつつ手を触れない様にUVカット手袋の私。
「おさわりあかんで。」風であたるんですっ!!
e0125762_23464682.jpg
風に揺れる蕾は明後日位に咲くんでしょうか。
e0125762_23472998.jpg

ところで。やたらと見た、謎の物体。これ用水路の壁から花の茎から、やたらとついてるんで気になって接写。……おそらくなんかの卵??(今見返してもちょっとさぶくなった)
e0125762_23554366.jpg
「私ではありません。」あー、はいはい、君らは水中に生むもんねー。
目立ち過ぎやろ!!と思うんですがお分かりの方はご一報下さるとすっきりします。(笑)
e0125762_23532252.jpg

気を取り直してホテイアオイ。水草もしくは水生植物ってあんまり豪華な花は咲かないんじゃ、という私の印象をひっくり返す豪華さです。
e0125762_23573047.jpg

花に熱中している私がふと気付けば。「行け!!キヨマロ!」……ナ二をしとるんだね??
「これキヨマロ。」家人は貝が気になって仕方ない様です。「つつけば動くん??」「じんわりと。」ふーん。
「思ったんやけどナスカの地上絵って巨大な貝が這ったあとやったらどないやろ??」
どないもこないも。まあ、お気に召したんならいいんですけど。
e0125762_034075.jpg

案内にあった本薬師寺跡は祠がありました。横は管理されてる方の住居?のようです。
三方を木とホテイアオイに囲まれて風の気持ちいい場所でした。
e0125762_06444.jpg

あぜ道でつながった小山の様なトコロは身長よりも高い木に囲まれた秘密基地(めいた所)。
真ん中の石の中もきっとホテイアオイが咲くんでしょう。ここも風が気持ちよくひとりで!休憩しました。
 なぜ1人になったのか、と言うと家人は駅前のコンビニまで戻ったからです!
家人いわく、「観光地になってなくていいなー、トイレすらなくて普通の田んぼって感じがいいなー、って思っててん。んで『ここでお腹痛くなったら困るやろなー』と。」……痛くなったらしい(笑)。
近いし、ゆっくりしててー、と言われてのんびりしてる私にメール。
「キヨマロ怒ったんかなー?」返信。「謝っとたろうと思ったけど、どれがキヨマロかわかれへんかった」
「……みんなに謝っといて」するか、莫迦。
e0125762_0144040.jpg

自業自得の人はおいといて、堪能しました! カメラ装備の人は多いのですが、すれ違えないあぜ道は互いに譲り合って、ほのぼのと撮影に興じていい感じでした。
e0125762_0184584.jpg

「硫黄島からの手紙」(盆に実家で見た)に出て来てもおかしくないポージングの人。
(「弾が尽きました!!」みたいな。でも人が通るのにすごく気を使ってはりましたよ)

思ってた以上に綺麗だったホテイアオイ、全体で言うと3分の一ぐらいだったのでまた行って見たいです!! と言うか何回行ってもいいなー♪

教えてくださったkumakumaさん、最近の写真を載せられていた松風さんに感謝しております。
綺麗な写真に憧れた割にはどたばたな珍道中で申し訳ないです(汗)。
なんかこうなるんですよねー。

でもって、このあとは「風鈴まつり」中のおふさ観音へ。
珍道中は続きます。

*私的に「謎の卵」だったのはジャンボタニシの卵だったようです。
あれ、タニシだったんですね……あんなにでかくなるんだ。びっくりです(笑)。
by cattail-kk | 2009-08-25 00:33 | 旅・おでかけ | Comments(2)

大阪 長居公園 植物園ー花と緑と生き物達。

e0125762_23474844.jpg

夏休みも終わりが見えて来て、この夏の思い出ってなんだろうとふと思ってみたりする猫の尻尾です。
しかし「あってもなくても猫の尻尾」とはひどい表現ですね。大事なのに!!
e0125762_2349766.jpg

ふと関連のない怒りに駆られてみましたが、ほんとは長居公園植物園の紹介です。
私が子供・もしくは家人が小さかったら夏休みに思い出の一つとしてあえて行ったかも知れないですね、こういう所。
自然史博物館で化石が多いとか、宿題にも使えそうじゃないですか。
e0125762_2353331.jpg

さておき、順を追って参りましょう。
e0125762_23535153.jpg

蓮を見た後、公園の中央の橋を渡り島を抜けてもまだ池は続きます。こちらは蓮がはびこってはいません。
e0125762_23554290.jpg
8月の最初の頃は水連が咲いてました。遠い……。
e0125762_2357048.jpg

なかなかのはびこりっぷりです。
勉強になるポイント・1。 「生き物も多い」
と言う事で。大きい鳥が不動で居まして、望遠で撮ってる人もいました。睡蓮と鳥という構図?
私のカメラは届かないのであきらめて
e0125762_005494.jpg
手近な群生を撮っていたら小さな生き物が現れました!
e0125762_022427.jpg

マクロに近づく私におどろいたのでしょうか……しかし見事な太ももですね(笑)。
e0125762_04624.jpg

睡蓮遠いんだよ、と悪態をつきつつ嘆きつつ歩いてたらつばめの様なシルエット。旋回して目の前に舞い降りて来た!
e0125762_07944.jpg

じわーりじわーりと近づいてみます……。
e0125762_081979.jpg

訝し気にこっちを見たりしますけど、逃げない!!嬉しい!!
e0125762_092363.jpg

私と彼の(推定)距離はこの時50cmをきってました!!
「……約束あるしー、もう行ってええかな??」「あ、どもありゃあとしたー!(居酒屋風)」
割愛しましたが、流し目だったり尻尾(?)上げてたり萌え萌えショットいっぱいだったんですよ……多分ここで電池の無駄遣いしたな(笑)。
e0125762_015512.jpg

池の定番・鴨。 休憩所前なんで何かもらえるかも……って感じで寄って来る。
ご飯休憩前に撮っちゃおうと思いましたが
e0125762_0181511.jpg

「何も持ってへんねんやったらええわ……。」気持ちのすれ違いというやつですね。
e0125762_0194948.jpg

ともあれ、噴水前でお昼休憩。
e0125762_02131100.jpg

売店のおにぎりは300円。発作的に飛び出して来たので現地調達。でもお外のおにぎりは格別美味しい!!
e0125762_0231295.jpg

準備はいいが、とても矢絣好き。くどいなあ。
e0125762_0245415.jpg

おおっと、もっと準備いい子供達。水筒にレジャーシート、お弁当におやつ。
んー、子供はそれが一番!と思っていたら1人が促されて携帯を。
「うん、植物園の中。うん。あんな、もうお弁当食べてええ?」そばにいない大人に確認取ってる!!えらい!!黙って食べて事後承諾とかしないんだねー。律義だわあ、と思ってると
「12時までお弁当待ちなさい、って。(その時11時48分)」「ええー、お弁当あかんのー。腹減ったってー。……お菓子はあかんて言えへんかったやろ??」とがさがさ。  おい……融通が利くと言うか何と言うか。
しかし、少々お菓子を食べたとこでお弁当が入らん事もなさそうだったのでええか……。これからの日本を頼むで(笑)。
e0125762_0363792.jpg

鴨の水面シュプールを見ながら物思いに耽るお昼でした。
e0125762_0391274.jpg

売店横に勉強になるもの(?)発見。さすがは植物園!
e0125762_0401996.jpg

へええ〜、呼吸する根っこなんだー、と感心したのでいない家人達に見せたろ、と写真を撮る。
e0125762_042282.jpg

後に家で話してて、さすが植物園、こんなんもあったでー、と見せたら。
「ぶっ、これって放送禁止ですやん!」「これは些かまずいっしょー。」と2人ともおおうけ。
あー、うけたので良しとしますがなんか不本意です。ったく。
e0125762_0452581.jpg

久々に行ったら良かったよ……と言う話をしてたんですけどねー。
白鳥だっているんだよ……家からすぐのとこに白鳥いるっていいじゃんかー。
e0125762_0475162.jpg

ほんと人慣れしててすぐ近くで見れるんですがあまりヒートアップするとひいちゃうみたい……。
e0125762_050182.jpg

この後はルート的に薔薇園に行きました。しかし、あちこちのお花が綺麗!
パターン化した色と形にうっとりです。
e0125762_0515780.jpg

たまにみるんですけど、この霜が降りた様なキク科っぽい花はなんて言うんだろ。
名前もきちんと紹介出来る様になりたいもんです。

さて、予想どうり(笑)薔薇園と情報センターまでに長くなってしまいましたので次回。
e0125762_056094.jpg

今回は「大池」の上部を回って薔薇園手前でした!!
by cattail-kk | 2009-08-21 01:01 | 旅・おでかけ | Comments(2)

大阪 長居公園ー緑のトンネル。

e0125762_2244670.jpg

暑さ寒さも彼岸まで、とか言いますがまだまだ暑い今日この頃です。
開き直って夏らしい写真で……(笑)。
e0125762_22114749.jpg

2週間前の写真で申し訳ないですが、長居植物園の「緑のトンネル」にて。
ただ今絶賛無料開放中!!の長居植物園ですが、実は近所の人も無料なの知らなかった……。
ちょっとアピール!!大阪市立長居植物園は8月26日まで無料です!!
e0125762_22132170.jpg

蓮を見にぶらぶら行って色々見た中の一つ。正面入り口から右手、情報センターの方にあります。
e0125762_22153552.jpg

瓜科の特集でしょうか、何せみな形が面白いです。
e0125762_22165310.jpg

はあー、何だか楽そうだねえ♪
e0125762_22174943.jpg

ゴーヤってこんな色になるの??
e0125762_2218383.jpg

仲良き事は美しき事哉。
e0125762_22194424.jpg

これは何だ?? 喰えるのか??
e0125762_22203563.jpg

特有の黄色が鮮やかで夏っぽい。
e0125762_22214347.jpg

一番の「美形」はこれに決定。(私が居た30分程の間に通った人統計で)
えらく気に入らはってずっと撫でてたおじいさんも有り。
e0125762_22234719.jpg

風が吹き抜ける中、なんだか畑に居る様で気持ちいいトンネルでした!
e0125762_2225732.jpg

これを書くのにHPを見に行ったら、ただ今はひまわりが開花中の様です。
何故かコスモスも咲き出したそうですが……(笑)。
e0125762_22364417.jpg

大阪市立長居植物園   〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23
9時30分~17時(入園は16時30分まで)※11月~2月は9時30分~16時30分(入園は16時まで)
by cattail-kk | 2009-08-18 22:38 | 旅・おでかけ | Comments(0)

京都 東福寺 芬陀院ー雪舟の寺から街歩き。 sanpo

e0125762_23251155.jpg

芬陀院(ふんだいん)は東福寺の塔頭です。雪舟が作庭したと言われる庭園がある事から「雪舟寺」とも言われるそうです。何分、地図で見るとお寺は多いのですが拝観出来るところかわからないし、とりあえずわかりやすく行って見ました。
e0125762_2347166.jpg

なんだか取っ付きやすく見えました(笑)。
e0125762_2348624.jpg

誰もいない?……と思えば、奥から「はいはいー。」と受付の人が出て来られて「はい、おおきにー。ごゆっくりー。」と言ってくれる。印象に間違いなしでした。
e0125762_23501451.jpg

お盆前だからか、お供えが供えてあって風になびく……これは何て言うんだろう。
e0125762_23513820.jpg

開け放された障子と庭のコントラストが美しいです。
e0125762_23525240.jpg

縁側(とは言わないかも知れないけど縁側っぽいのです。)から庭を放心してみる。
姿勢を正す家人ですが、私は何だか草木のざわざわも気持ちよくて足をブラブラしながら眺めていたら、右手奥の入り口から住職さんがお供えをぶらさげて帰って来て、「ああ、ごゆっくり。」と笑顔で言ってくれました。心の底からなごむお寺です。
e0125762_23573240.jpg

観光寺というより、地元に密着した感じ。田舎の法事に帰って来た様な気分になります。
e0125762_235909.jpg

この庭も重森三玲が復元したそうですが、とても緑が映えて自然に美しい庭園でした。
e0125762_01179.jpg

なんだか無性に居心地がいいです。
e0125762_02657.jpg

最初の写真は明治32年(1899年)に改築された奥の書院からのものですが、奥にはまだ図南亭(ずなんてい)もありました。小さいよねえ、といいつつ入り込んでみるとこれまた居心地がいい。
e0125762_05201.jpge0125762_055014.jpg





















すかさず、座り込んで「茶人ごっこ」をしてみる。こんなトコに住みたい……とうっとりしてしまう雰囲気でした。
e0125762_09939.jpg

私たち以外は2人しか来られてないのですが、その人達もゆっくりしてました。
e0125762_011669.jpg

拝観と言うよりも休憩してる気分。
e0125762_012289.jpg

雪舟は東福寺に来た時もこの寺に泊まっていたそうです。
e0125762_016928.jpg

ひょっとしてこれも雪舟が書いたんかしら……なんて思ったり。説明はないのですが、つい思ってしまうよね。
e0125762_0174748.jpg

うっかりしてると何の縁もないのに根が生えそうな雰囲気。帰る時も「おおきにー。またお越しぃー。」と笑顔で言われて何だか嬉しくなるお寺でした。雪舟の絵によってでなく、縁のお寺の雰囲気で好感度UP!してしまったお寺でした。
e0125762_021553.jpg

駅までの帰りの酒屋さん。「月の桂」を飲んでみたいのですが、なんだかいつも買ってないなあ。
e0125762_0262077.jpg

試飲させてもらった冷酒がとても美味しかった!!お値段を考えて、それよりあっさり系のにごり酒を買ったのですが、1000円UPしても最初のお酒買えば良かったなあ。
もちろん、買ったにごり酒もキリッと美味しいのですが、冬には芳醇なこゆ〜いあっちの酒が良かったんじゃ……などとブツブツ言ってしまう私。「お店の人も感じよかったからまた来たらええやん。」と家人。雪舟の寺はまた来たいからつき合ってくれるそうです。ならOKって事で(笑)。
e0125762_0333743.jpg

三条でご飯。実はこの日初めてのご飯。なのに日本酒ぐいぐい試飲しちゃってまあ(笑)。
e0125762_035193.jpg

地下から出てみるとかなりの雨に愕然としましたが、鴨川で「鴨川納涼」中。折角なんで行っちゃえ、行っちゃえ。
e0125762_03791.jpg

流れの激しい中の鳥に「やっぱ足長いし細いから大丈夫なんかなあ。」と言ってるとすぐに川岸まで走って来たのでつい笑ってしまった。あんな迷惑そうにダッシュする水鳥初めて見た。
e0125762_0392679.jpg

降ったり止んだりなんでお店も今日の営業はどうかなあ、って感じでした。
e0125762_0405354.jpg

雨と泥で足がぐちょぐちょになったので鴨川で洗ってしまう。天気を見越して短いのを履いて来た私なんぞもう川にざぶざぶ入ってしまう。冷たくて気持ちいいのですー。
e0125762_0433697.jpg

ヴォーリズ建築の東華菜館を見上げて
e0125762_0462896.jpg

納涼気分の先斗町をぶらつく。
e0125762_0473929.jpg

紫の着物と蛇の目傘があまりに素敵だったのですが、傘に手間取って離れてしまいました……。
e0125762_049986.jpg
e0125762_0495364.jpg
歌舞練場の建物も素敵。
e0125762_051178.jpg

こっそり舞妓はんを覗く。いつかゆっくり入ってみたいもんどす。
ここからは三条の商店街をお買い物。家人がお買い物した楽器屋さんの向かいは愛する「くろちく」があったので「あああ〜、可愛い〜!!」と堪能。(しただけ)今度はゆっくり買い物したいなあ。
e0125762_0542344.jpg
e0125762_0551383.jpg
用事のある二条まで地下鉄でー、と言ってた割に町並みをみたりしてたら何だか着いてしまいました。いつもこんな感じです(笑)。

しかし行けば行く程、もっと行きたくなる京都、奥が深いですね♪
by cattail-kk | 2009-08-18 01:01 | 旅・おでかけ | Comments(0)

お盆ー和歌山。

e0125762_21482836.jpg

まあ、帰省シーズンな訳で現・実家の和歌山へ帰って(?)来ました。
現・実家、と言うのは基本育ちは兵庫県な訳で父母が引っ越したので帰省というと和歌山へ行くのです。
ひたすらー、寝て過ごした!!平均睡眠時間が4、5時間な私が起きてたのが4、5時間という程に寝ました。 
どこかへ行っても暑いし多いし……。 以前に近場は割と行ったので回るのなら夏以外がいいっ!!と言う事で寝まくり。 美麗な季節ショットもなく、だらだらのお盆日記です(笑)。
e0125762_21542677.jpg

何故か、帰る度に移動している愛猫みーにゃの墓標。今回は玄関脇に。庭に眠ってるんだけどー。
e0125762_21563125.jpg

庭には夏野菜。帰りにごっそりいただく。
e0125762_21572097.jpg

西瓜も鎮座。グレーツフルーツ大。可愛がってて食べる気はないようです。
e0125762_21582334.jpg
去年のお盆のブログでは土台だけだったお隣も立派なお家が建ってました。
e0125762_2213810.jpg

あまりの暇さにTWO DOGSで遊ぶ私。もう1本は冷蔵庫ですがそこまで熱中してる訳でもないので4本で(笑)。
e0125762_2235813.jpg

毎年行く事になるケーキ屋さん。
e0125762_2244866.jpg

芸術的で見てて楽しいー。
e0125762_2253786.jpg

母は終戦記念日の次の日生まれ。要領のいい人です(笑)。バースディのお祝いは必然的にお盆のお決まり。
e0125762_2273916.jpg

起きて周りを散歩したら他にする事もなく。
e0125762_2285976.jpg

買い物もスーパーへ食材仕入れに行く位。 でも車がないと不便な立地なのです。
e0125762_22102136.jpg

お洒落なパン屋さん。CDをセレクトしてかけてはってEGO-WRAPPIN'、LOVE PSYCHEDELICO、SIONなどのCDがありました。興味を示す我々に店員さんがニコニコ。なんか好み合いそう♪
e0125762_22142876.jpg

とかく、庭なのか道なのか分かんなく花が咲いてます。
e0125762_22154152.jpg

しづ心なくダンゴムシを観察する私。「平和でいささかどんくさい」印象でしたがアグレッシブに葉を食べるもんなんだー。
e0125762_2217521.jpg

向日葵は夏を演出しますが
e0125762_22184825.jpg

オレンジの秋桜は次の季節を思わせます。
e0125762_22201526.jpg

周りは空き地なので父母に覚えのない植物も多いらしいです。
e0125762_22212412.jpg

庭では育たなかったのに、柵の外で成長したり。
e0125762_22222368.jpg

「高貴な花」と思ってた白百合はたんぽぽよりも雑草化し、自分の品位を下げてます。
e0125762_22233996.jpg

そんなこんなの帰り道、渋滞の中もの悲しい廃墟チェック。和歌山って廃墟多いですね。
季節が涼しくなったら王道、友が島へ行って見ようと思います。
e0125762_22253527.jpg

あああ〜、やっぱり。
e0125762_2226898.jpg

でも岸和田SAの「あら川の桃ソフト」は美味しいかったです♪
e0125762_22272146.jpg

美味しそうだったので皆で違うメニューをトライ。私は和歌山ラーメンが一番好みでした。
e0125762_2229697.jpg

お盆で混み合う夜のサービスエリアはお祭りみたいでした。

そんなこんなのお盆はあっと言う間に過ぎました。(「君は寝過ぎやねん!!」と家人は言います。だってやる事もないもん。)
まだまだ暑い日が続きますがまだまだ楽しみはあるでしょう。
残りもよい夏を……。
by cattail-kk | 2009-08-16 22:34 | 日常 | Comments(4)

京都 東福寺 夏の特別拝観ー竜吟庵と八相の庭

e0125762_164715.jpg

またしても京都 東福寺。 魔除けの桃が可愛いです。
三門の後は気になっていた庭をせめる!!
e0125762_16644.jpg

庭が市松だなんて気になりすぎる……。去年から見てみたかったのです。しかも東西南北の庭、それぞれに特徴があるらしいと見れば。 この方丈は特別拝観ではないのでいつでも見れる様です。
e0125762_16315780.jpg

こちら、方丈の受付。 拝観料金600円です。
e0125762_1633284.jpg

渡り廊下の左手、早速の南庭。 しかしまずは右手。
e0125762_16343874.jpg

東庭。「東司の柱石の余材を利用して北斗七星を構成し、雲文様の地割に配している。」そうです。
なぜか、お金が投げられてる……。 割と小さいけど精緻な印象でした。
e0125762_16381593.jpg

2枚目の写真の市松の庭、北庭です。「南の恩賜門内にあった敷石を利用し、石と苔を幾何学的な市松模様に配している。」そうですが、こっちから見ると手前はあんまり市松でない。
e0125762_16402655.jpg

西庭へ行く前に高台から通天橋を見下ろして見る。紅葉の季節は30分待ちだったんであきらめた橋ですね……。
e0125762_16434450.jpg

西庭。 「さつきの刈込みと砂地が大きく市松模様に入り、くず石を方形に組んで井田を意図している。」そうです。
さつきが咲いてたらこれまた可愛いだろうなー。白壁をバックにすっきりしてます。
e0125762_16462052.jpg

南庭。の右手から
e0125762_16474655.jpg

左手。庭に正対すると画面になんて収まらない!
「荒海の砂紋の中に蓬莱、方丈、瀛洲、壺梁の四仙島を表現した配石で、右方には五山が築山として表現されている。」そうです!(引用ばかり)
四庭とも、重森三玲によって昭和13年(1938年)に作庭された枯山水庭園です。
それぞれに個性的な庭ですねー。 しかし……否定的な感じになりますが、すこしがっかり……かなー。(笑)
「ほおお〜」と見れるし、綺麗なのですがじっくり座りたくはならないのです。
もちろん、思想的な難しい事はわかんないのですが、これまで行った中には「もう動きたくない〜。」となるようなお庭もあって、1時間以上も眺めていた事もあります。(立つのはしぶしぶで)ここは私的にはあんまり「ぐっ!!」ときませんでしたねー。
ぱっきり言っちゃうと南庭の表現も私には「石と砂」に見える……。
東寺、観智院の庭は見立てがしっくりきて好きでしたが。ま、私見で失礼いたします(汗)。
でも、フォトジェニックなんは間違いないでしょ??(笑)
e0125762_1703714.jpg

何はともあれ、竜吟庵へ向かいます。お寺に蓮はデフォルトですね♪
e0125762_1721041.jpg

部分的にしかお伝え出来ませんが(笑)山近く広大な寺内は緑も鳥も豊富です。
e0125762_17222880.jpg

特別拝観、600円なり。(笑)
e0125762_17234716.jpg
偃月橋を渡って石畳の先、割と奥に竜吟庵はあります。
e0125762_17264769.jpg

住み心地の良さそうな方丈です。毎年11月にも公開されるらしい。紅葉の頃??
e0125762_17274982.jpg

これまたフォトジェニックな庭。(笑)
e0125762_17291447.jpg

いや、しかし紅葉が映えるでしょうねー。
e0125762_17301172.jpg

東庭は珍しい赤石の枯山水。ここも重森三玲作!らしいです。
e0125762_17361088.jpg

あー、紅葉が映えそうだー、と見てる時から気付いてたんです、家人がもの言いたげなのは(笑)。
きっとなんか来るぞー、と思ってたら拝観してた女性の「すごいねー、実物は動きがあるわねー、はっとする美しさよねー、やっぱりお寺の庭は違うわねー。感動するわねー。」的な発言が。
こりゃー、早く退散せんとー(笑)。 まわりに人がいなくなってから爆発。
「あのさ。」はい。
「綺麗と思う、綺麗と思うよ。でも、お寺の庭として感動するか?ほんとに感動してるん?」
……頑固親父発動です。
「ここって禅寺やろ?禅、ってようわからんよ、わからんけどああいう綺麗さと違う気がする。
なんか、これみよがしに作り過ぎやん。もっとシンプルな中に美、的なんを求めるもんの様な気がする。あれは『お寺の庭って』、みたいなまとめ方違うんちゃあう?」
日頃は穏やかな爺さんなんですがねー、なんかが触れると割と怒るんですよ……。
私も綺麗とは思いますが、三門とか見た後の気分からはあんまし感動しなかったのでちとわかります。普通に綺麗な存在、として見たら良いと思います。
しかし、造形・コントラスト的に見たら「ここ」でなくてもいいような。近代施設でも美しいデザインはあるし……。
まあ、我ら2人の私見なんですが、しばらく「我らが思う美」について討論しながら(笑)。
e0125762_17573792.jpg

難しい事は考えないけどー、私が思い心惹かれるのはこんなのー。
e0125762_17591626.jpg

一時だけの花に勝るものはなかなかないと思うんです(笑)。
e0125762_1804550.jpg

そして悠久の時間を経てあるもの。対比的に並べば「ぐっ!」ときます。寺を見て歩く私たちも一時の生き物ですしねー。
e0125762_1833847.jpg

夏の通天橋。一点透視法的なシルエットが素敵でした。

んー、なんだか小難しいノリになってしまいましたが、人それぞれ。
見に行ったからこそ思うんで、やっぱあちこち行きたいですね。
この後行った雪舟の寺の様な出会いもあるし……。でもほんと雄大な東福寺でした!!
by cattail-kk | 2009-08-13 18:12 | 旅・おでかけ | Comments(2)