人気ブログランキング |

Simple Soul

<   2009年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

東寺弘法市。

2009,2,21。
e0125762_22543973.jpg

東寺弘法市に行って来ました! 初です!
この日は前日うっかり晩7時頃から寝てしまい、
九時頃気付くと家人共も適当に食べて寝てました。
 21日は早朝から東寺へ行こうと思ってたのでせめて……
とひとり米を炊き、煮物と炒め物を作りました。
朝五時半頃に、家で食べてくのが一番!と火をつけると……二人とも起きて来た。
「どーしたん??六時前やでー??」と聞く私に寝ぼけ顔で
「食べ物の匂い……。」「食べ物の匂いしたから……。」と、異口同音。
生き物ってすごいなー、と感心しつつ結局家人其の一と6時半には出発。
着いたのはほぼ8時ー。 もう出店してます!
e0125762_231581.jpg

岐阜の焼き物のお店。 店開き途中でお留守。
食べ物もその場で食べれるものから、野菜、漬け物、乾物、お茶、甘味……
陶芸系、骨董系、アンティーク着物、和小物……もう目移りしまくり!
e0125762_233520.jpg

緑も蓮モチーフも好みにぴったりなお店。
ううん、今作る教室に通ってるから買わないー。 ……でも欲しかったな。(笑)
一通り見てから買い物はしよう、と家人と言い合って
(一通り、というのは無謀でした。)
玉石混淆なお店を冷やかしてたら家人が微笑んでる。
 「何??」「いや、あれいくらかな。」「へ?いいのあるー??」「あれ。」
e0125762_2382726.jpg

これ。
人通りの多さに不安なのか露店裏の民家からのぞくワンコ。
最初、両足そろえて真剣な面持ちでのぞいてました。
プライスレス、でしょーね。(笑)
e0125762_23135775.jpg

ここは家人がブックカバーを買ったお店。「とんぼ玉 みなみか」さん。
e0125762_2316302.jpg

とんぼ玉は好みのをチョイス。こうして見ると私も今度買おうっと♪と思う。(笑)
 この辺ではもう一通り、なんてのはあきらめてた。
最初「買う!!」と決めた蕎麦猪口一つ300円、印判小皿200円など。
野菜も餅もお菓子も購入。
e0125762_23195177.jpg

色んな餅12個で500円。本日食べてしまいましたが。
しかし、ビニールにぎゅうぎゅうに色んな餅つめて500円、というのもあった。
量はそこのがお得。ま、うちにはジャストサイズ、って事で。
e0125762_2322239.jpg

スロヴェニア風カフェピカポロンツァさんのケーキ。
e0125762_2324379.jpg

このチーズケーキが気になって、通り過ぎた後バックした。
その場で食べたかったんだけど場所探してるうちに色々食べちゃったのでお持ち帰り。
 ……本日いただきました。美味しかったー。
e0125762_2327429.jpg

荷物が増えたので五平餅食べながら整理。
 この日は曇ったり晴れたり小雨が降ったり雪になったり色々でしたが
日差しに、着物店を物色中の女性の着物が鮮やか。
緋袴が粋だねえ。
e0125762_2331686.jpg

どっから仕入れてくるんだろ?? 縁ありげな箱ものの汁碗屋さん。
結構買ってる人、いましたよー。
私も好きだが、我が家では使わないので見るだけー。
一応「あ、あれがええで。」とか勝手にランキングはしたけど。
e0125762_233420100.jpg

行く前にネットで調べた「3つで1000円。」の陶器屋さん。
外国のお客さんも楽し気にお買い物。
習いに行ってんだから買えへん……。はずが。
e0125762_23361768.jpg

えっと、大皿や中鉢は2個1000円ですね。ははは。
1つだと630円。一つだけ買おうと思ったけどお店の人が他の人のを
包んでる間に心変わり。結局2つで1000円、買っちゃった。
 しかも、多治見の陶芸市までは買わないと決めてる織部。
思う様には行かないねえ。
e0125762_23403681.jpg

抹茶クリームのたいやき食べつつ反省。
しかし、食べ物が安いんさ、ここ。
五平餅、たいやき1個100円。揚げ餅300円。
揚げ餅は速攻食べて写真がないけど、揚げ出し豆腐みたいな
お餅7個に出汁、鰹、葱、生姜、七味で、はふはふいただく。
マヨネーズとかトッピングは選べます。
美味しいし安いー!
回転焼きも大福もきんつばも大きい!けど100円!(さすがに食べてないけど)
 野菜も大きいし安い。
うちは小芋(大玉7個)150円、デコポン(大玉6個)400円、
サンドマメ(んー、とりあえずスーパーの倍)150円など。
近ければいっぱい買うのにねー。残念。でも充分重かったです。
小芋は今日……いただきました(笑)。もちもちして美味しかったー。
e0125762_2351735.jpg

成果。
1つ300円の蕎麦猪口群。
「まず兎、これー。」「じゃあ、これもやろ。」
「これ……ってなんかうっとおしいな。」「あー、それあんましやでー。」
「意外にこれってええと思うねん。」「よっしゃ、いっとこ。」
と、思いっきり熱中。お店のおっちゃんずっとみてたらしく、
「うまいこと人気の柄だけ選んだなあー。」と笑われた。
えっへん。お世辞でも嬉しい♪
 いわれも価値もわかりません。好きになったらそれでいいんですー。
e0125762_2356521.jpg

印判手塩皿。一枚200円。
骨董市で初めて見て以来なんとなく集めてます。
しかし、お店に寄っては一枚500円とか2000円とかまちまち。
多分価値もまちまちなんだろうけど。
青、というか藍色が主流の様ですが私は緑が好きです。
e0125762_01523.jpg

これはオークションで。1枚あたり送料含めて200円だな。
蓮が好きなんで問答無用で落札。「ちょっとミュシャっぽくない??」と家人が。
そーゆー感じがお気に入りなのよ♪
e0125762_031086.jpg

これもオークション。竜虎が可愛い。虎がぶさいくで、竜が横目でこっちみてる。
これもほぼ1枚250円ぐらいですね。
e0125762_065152.jpg

また増えるかも。ま、和菓子乗せたり冷や奴乗せたりしてます。
脱線したけど、この日の予算「3000円」以内で満足できて良かったー。
 ちなみに野菜など食料は家人が持ちますが陶器類は私が背負います。
この日はあと漬け物を買ったなあ。試食してほんと美味しかった。
e0125762_0451798.jpg

人も増えて見るのも大変になって来た。
しかし。2周位して、五重塔見て(↓)食べて買って12時。
8時頃から居たからねー。そろそろ行こっかー。
「せっかくやから北野天満宮か東福寺行こかなー、って思ってんねんけど。」
「そやなー、ぬくなったし、もう一カ所行きたいなー。でも。」
「でも??」
「しょーじきいうとな。」「はい?」
「早くこの漬け物でご飯食べたいなー、ってむっちゃ思ってる。」
ははは、やっぱじじむさい。
ええ、いただきました。柚子大根なんぞは1袋300円を2袋500円で買って
ご飯の準備中になくなった。家人其の2もうまいうまいとつまんであっという間。
いや、これはなんぼでも食べれる♪また買わにゃあ。行かにゃあ。
e0125762_095192.jpg

同じく特別拝観中の観智院の梅。
以前見ましたが宮本武蔵の絵とか、かっこいい愛染明王があります。
今回は梅だけ見せて(撮らせて)いただきました。
e0125762_0241822.jpg

入り口前の一本の枝垂梅、綺麗です。
e0125762_026941.jpg

色っぽい?枝振り。

ここから駅のロッカーに荷物と家人其の2へのおみやげ、抹茶味の「京ばあむ」を
預けて北野天満宮へ。↓ 
スタートが早かったので5時頃には帰ってゆっくり。
夜は花粉症でふわっくしょいになりましたが、とても楽しかったです♪
by cattail-kk | 2009-02-23 00:31 | 陶磁器・陶芸・アンティーク | Comments(0)

梅便りー東寺特別拝観。

2009,2,21。
e0125762_363279.jpg

特別拝観&弘法市の為、京都へ。
今回はこの!!五重塔の初殿拝観です。
思えば、祇園閣といい、
塔の内部が開かれると必ずのぞきたくなる。
e0125762_312258.jpg

この日は天気は乱れて午前中は雪がちらついたり。
でも晴れ間はまるで初夏の風景みたい。(この時もまだ午前中でしたが。)
e0125762_314302.jpg

内部は撮影禁止なんですが、当時からの壁絵は薄暗い仲にもまだまだ色鮮やか。
柱、天井くまなく描き尽くされてました。
 ツアーのガイドさんが説明してるのをくっついて盗み聞き。
ツアー客と一緒に「ほおお〜。」などと言ったり(笑)。
基本、中狭いんでどうしたって聴こえるしー。
e0125762_3181158.jpg

天井端、四隅に天の邪鬼が支えてる、と聞いたので改めて拝見。
外なんですが離れてたときは良く見えなかったなー。
ちなみに去年3月29日もここへ来てます。
e0125762_320495.jpg

前も見たけど、本殿へ。
拝観料大人800円ですから回っちゃえ。
(「金沢とはちゃうねん、京都は拝観料高いねんて。」と家人。)
 しかし行って見て正解。 
以前は閉めてあった扉が開いて仏像が全然違った表情でした。
ま、つまり金払わなくても拝見は出来るってことですけど。
仏像に見とれてると後ろでがんがんお賽銭投げられてて気迫が怖い。
 中から参拝して拝んでる人見るとなかなかシュールです。
ご本尊には見慣れた光景??
e0125762_3265231.jpg

梅、咲いてます。
そういえば去年、入ってすぐの桜の巨木見て
「桜越しの塔は綺麗だろうなー。来年は桜の頃に来て見よう!」って言った様な。
忘れてたけど。
e0125762_3313910.jpg

梅越しも綺麗やん。
e0125762_3324235.jpg

本数的には少しですが池の前に咲いてました。各カラー1本ずつな感じ。
e0125762_334797.jpg

ああ、紅梅も可愛い。
e0125762_3345514.jpg

花を見るのがメインなら、この後行った北野天満宮がやっぱ綺麗ですが
「五重塔と梅。」も乙です。
眺めながら弘法市で買って来たおこわを食べました。
 風情がない??
by cattail-kk | 2009-02-22 03:38 | 旅・おでかけ | Comments(0)

梅便りー北野天満宮。

2009.2.21。
e0125762_1271551.jpg

京都、北野天満宮へ行って来ました!!
東寺の弘法市がお目当てですがあわよくば北野天満宮へも、
と言う欲望通り昼から参って来ました!
んー、出来る女になった気がします。(笑)
 しかし、受験生の居た去年でなく今年、
天満宮に行きまくってるのは何故でしょう??
やっぱ「出来る女」は錯覚か。
 とりあえず、よくお見掛けした「赤目の牛」さんを我もすなり、と撮ってみた。
やっぱ可愛いなあ。
e0125762_1323112.jpg

昨日まで開花具合を行って来られた人の情報を調べてました。
みんなまちまちだなあ、と思ってましたが行って見てよくわかった!!
 白梅ー満開。 木の下に散り敷く程。
 桃梅ーほぼ開花。まだ咲くと思われ。
 紅梅ー今から。
と言う事ですね。
e0125762_1361510.jpg

紅梅を待ってたら多分白梅は終わる。
木もそれぞれです。
e0125762_138357.jpg

その、ぼちぼちな紅梅。
数多くはないけど眼を引く紅色。
e0125762_139898.jpg

キュートな桃梅。
美味しそう……と言って家人に怒られましたが他の人も言ってた。
e0125762_1405199.jpg

地味ながら気品高き白梅。
これも茎は赤っぽいのと緑の(青軸性、と言うらしい。)があって風情が。
e0125762_143105.jpg

寄進(?)された石灯籠がすごく多い。
固めの印象の灯籠に華やかに梅が絡み付く。
ほんと、美しい。
e0125762_1453484.jpg

雛祭りを連想。うちのお雛様セットについてたのは確かこんな色。
うんじゅー年前ですけど。 しかも吃驚。
e0125762_1474589.jpg

なんと一本の木。 こんなに自然に育って咲くもんなんですねー。
e0125762_149396.jpg

ああっと、ちゃんと参拝も。
「東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ」も
大書してあった。
達筆をすらすらと読む家人。ええっ!!と思いきや、
「先週お前が熱く語って引用してたやん。……うっとおしくて覚えてた。
いや、歌は良かった。」……さよか。
e0125762_1545610.jpg

ええ、道真公大好きです♪
 参拝、ご祈祷共に長蛇の列。やっぱ人気じゃん。(笑)
e0125762_1564430.jpg

人気はこれも。 中心部の枝垂れ梅。
 なんせ、様々な梅が咲き誇って甲乙つけがたいけどランキングしてみたら
ベストスリーから外れる事はないでしょう。
 灯籠を抱く様な佇まい。 あまりインパクトないのは私のせいです。
ほんとに荘厳に綺麗なんです。
e0125762_27164.jpg

バラエティ編。 オーソドックスな梅。
e0125762_29575.jpg

可愛さNo,1。枝垂の八重梅。 女性が集まる。
e0125762_2111546.jpg

異色のロウ梅。一瞬枯れてるの??と思ってしまったベージュの花。
よく見ると中心は鮮やかな紅色。若干他よりも匂いが高い。らしい。
他の人が言ってるのが聴こえたけど、言われるとそんな気も。
e0125762_2174311.jpg

休憩所がこれまたすごい。
奉納された絵や押絵など。この「誠」の文字は新撰組がこれからとった、と
言う謂れがあるそうな。これも他の人が言ってた。(笑)
e0125762_220025.jpg

華麗な梅の響宴を眺めつつふと上見ると。
……ちと怖いかも。しかし由緒を感じますねー。
e0125762_2235913.jpg

うってかわってお守りは可愛い。
自分用にゲット。今年3つ目。なんせ「凶」ですからね(笑)。
e0125762_2255835.jpg

裏表のデザイン、甲乙つけがたい。どっちも可愛いー♪
e0125762_2272367.jpg

横の「梅苑」が目当てだったはずですが、堪能したので入らず。
600円でお茶&お菓子付きのはずです。
e0125762_2291373.jpg

外から。 垣が低いのでちらちら見えます。
梅畑、な感じにも。持ち込み飲食禁止ですが雰囲気としてはお弁当持って行って
花見したい感じ。
 そういう梅園にも行きたくなりました(笑)。
「花見してーよ、花見。」な感じで堪能して帰りました。
天気の急変がなければ、来週も大丈夫??かも知れません。
ご報告までに!!
by cattail-kk | 2009-02-22 02:33 | 旅・おでかけ | Comments(0)

5回目の教室。

さてさて、早いものでもう5回目。
半分来ちゃいましたねー。
e0125762_23595980.jpg

本日は高台削りから。
これは皿の裏。 高さを調節後、底を描きます。
ええ、いっぱいありますがほんとは2本で充分ですよ。
e0125762_0284.jpg

段々形ができた……かな?
高低差がわかる感じに。
e0125762_031552.jpg

整えたつもりでも表の滑らかさを見るとため息。
そりゃ、手回し轆轤できれーにしてますもんね。
e0125762_044961.jpg

いくらやっても「んー、このへんが……」と気になるのでこの辺で。
でも最初に比べたら「皿」らしくはなったと思うの。(笑)
e0125762_062850.jpg

一日目に手びねった湯のみもこんなんなりましたー。
ぼこぼこやねえ。 
見るとこの時の「なにしたらええかわからんー!」なパニックが蘇る。
 今はみんなうまいなあ、とか感心しつつマイペースでやってますが。
素人が一から教えてもらうんですもん、のんびりいきましょう♪
 次回は「コーヒーカップ」。
好みのデザイン考えて来てくださいね、と言われて食器棚の前でぶつぶつ言ってます。
んー、やっぱ楽しい。
by cattail-kk | 2009-02-18 00:12 | 陶磁器・陶芸・アンティーク | Comments(0)

2009.2.15 ROCK A GO GO 吹く風カズエ

e0125762_2349932.jpg

リニューアルしたA GOへ行って来ました!
2.15はカズエちゃんの登場。
はこぶねや店主にして日頃のチャキチャキとはがらっとイメージの変わる
シンガー「吹く風カズエ」でもあります♪
e0125762_2352978.jpg

ゆっくりとカズエワールドに酔いしれて。
e0125762_2353213.jpg

伸びる声と美しい歌詞世界にうっとり。
e0125762_23541677.jpg

前にも書きましたが、ほんとこのギターとカズエちゃんという組み合わせは
最高です。
e0125762_23553583.jpg

広くなったステージ前。
じっくり見れますよ〜〜!
e0125762_235639100.jpg

更に居心地が良くなってしまったわ♪
どーぞ、長居へいらっしゃいませ〜〜。
by cattail-kk | 2009-02-17 23:58 | 音楽・ライブ | Comments(0)

梅だより。もしくはマクロの決死圏。

春と言えば花粉症。じゃなくて。
梅です。ああ、花粉症も今日から来ましたけどね。ふぇっくしょい。
e0125762_2353548.jpg

春一番が通り抜けた様で、ぽかぽか陽気いらっしゃい。
ぬくさに梅もほころぶ。はず。
e0125762_23562231.jpg

もったいないので近場、長居公園に。
天満宮がそこそこ咲いてたので今日辺りはいい感じじゃないかと。
e0125762_004845.jpg

……あり?? ちょっと早かった様です。
白梅はなかなか咲いてましたが紅梅はまだまだでした。
e0125762_033193.jpg

地味ながら美しい。
e0125762_04681.jpg
ピンク。桃色というべきか。
e0125762_044268.jpg

なかなかねー、接写は難しい。マクロにして手ぶれ押さえて。
なのに、風が揺らすのです。風が止むまで構えたままぷるぷる。
e0125762_017354.jpg

ナ二はともあれ、長居公園は咲き頃まで後少し、ですね。
e0125762_0191764.jpg

菜の花も春っぽくていいですね。おひたしがうめえんだな♪
e0125762_0221712.jpg

しかし。
2月と言うのに。 梅を待っているのに。桜。
どうした事でやんしょ。実は大晦日にも咲いてたんですよね、このへん。
e0125762_0262714.jpg

些か花弁の形が特殊。「ジュウガツサクラ」と言うそうです。
秋桜なんですかね。
e0125762_028886.jpg

すでに爛漫。
e0125762_029356.jpg

横の「カワズサクラ」もスタンバってます。
今にもほころびそう。
春もいよいよ……ですかね。
by cattail-kk | 2009-02-15 00:35 | 日常 | Comments(0)

明日といえば。

バレンタインでございますね。
休み故、もう本日いただいて甘い夜をお過ごしの方もいらっしゃるのでは。
私もやっぱここは日頃のお詫びを兼ねまして。
義理チョコ。というやつをお持ちしたのですよ、本日。
e0125762_23194193.jpg

半端ないお返しが帰って来ちゃうので、気遣いいただかないように
いかにも義理チョコ!なルックスでしょ。(でも美味しいのよ)

しかーし。
e0125762_23213547.jpg

新制度、「逆チョコ」ってヤツをやられてしまいましたー。たはー。
「逆チョコ!!っす!!」と迫力満点でつきつけられましたー。
うう、なんでそんなに準備いいんだあ??
なんでそんなに気が利くんだあ??
e0125762_23242791.jpg

私も準備してたので「相打ち」かとも思ったんですが……。
可愛さで負けた感。
もらって悔しいのは何故だろう。くそっ、やられた!!的な、ね。

しかも。
e0125762_23265756.jpg

「友チョコ」もいただいてしまいました。とても私ごのみのを。
ああっ、私ときたら準備はしてたけど、「お二人で、ね。」と独り決めのチョコ。
e0125762_2329399.jpg

やーん、可愛いじゃないですかー!!SHAG風CAT'S。
四角いのは包装でなく、アートなチョコです。
うーん、やっぱ負けた感。もっと気を利かせろよー、俺。
ほんと、ありがたいこってす。(涙)
e0125762_2332414.jpg

きゃあきゃあ、ロゴまで猫じゃん♪
……はしゃいでる場合か。

「友チョコ」、「逆チョコ」。……あれ??
あとなんかありましたっけー??
ほんとはチョコって愛の告白じゃ……。
ううん、愛はたっぷりいただいたわよねえ。
いやー、良かった良かった。スィートな日でした!!っと。
by cattail-kk | 2009-02-13 23:40 | 日常 | Comments(0)

梅。

大阪天満宮の梅でございます。
e0125762_17465595.jpg
e0125762_17473730.jpg
一輪ほどのあたたかさ。
e0125762_17481132.jpg
e0125762_17483715.jpg
いやいや、一輪と言わずに。
e0125762_1749034.jpg
e0125762_17494012.jpg
骨董市に行ったんですが、梅も美しい。
e0125762_1750947.jpg
e0125762_175102.jpg
骨董市の顛末は下記。
やっちゃった感がありますが。(笑)
by cattail-kk | 2009-02-11 17:56 | 日常 | Comments(0)

大阪天満宮 骨董市。

e0125762_17382.jpg

暖かい今日は市日和。
と、言う事で大阪天満宮の骨董市へ行って来ました。
e0125762_1764150.jpg

まずはお参りして。
e0125762_1741934.jpg

なかなかの人出。
mixiのコミュでアンティーク着物のお店の出店お知らせを見て行こうと
思ったんですがね、骨董も楽しい。
e0125762_1775898.jpg

梅も美しい。
e0125762_1783769.jpg

多分着物見に行かはる。絶対行かはる。
着物の方も男女問わず、ちらほらいらっしゃいました。
e0125762_17104379.jpg

巫女さんもお宮参りの方も。
天満宮なので受験の祈祷もちらほら。
e0125762_17122953.jpg

骨董は参考までに拝見しようと。
まあ、お手軽なのがあればいいけど大概結構するから買うまいと。
 しかし、織部が。織部が眼に入ります。くうっ。
ああっ、ひとめぼれする鉢が。
「おねーさん、連れて帰ってや!」 連れて帰りたいよう。

気になったのはアンティークの紅型風の羽織、3000円。
黒織部の茶碗、5000円。
そして上記の織部鉢。

黒織部は確かにすごく素敵だったけど、5000円てねえ。
うっとりしたけど却下。
羽織3000円は予算内。状態も良く文句無し。柄もむっちゃ好み。
けど、まだ着物はそんなに着てないしなあ。自信無しなので迷う。

何よりも、何よりも、織部の鉢が頭から離れないのです。
 目利きでも何でもないから、良いものかどうかもわからないけど。
そのものが気に入ってしまえば関係ないのです。
ああ、恋愛のようだわね、等とクールダウンしようとするのだけど。
e0125762_1714512.jpg

2回目。
「ええやろ?状態も悪ないで。おねーさん気に入ったら1000円まけとこ。」

……帰ろうと思ったけど3回目。
「やっぱ気になるかー?こういうのはな、好みの問題やからな、昨日も
李朝の壷気に入った奥さん、いてはってなあ。なんや気になって離れられん、
て言わはって結局4万なんぼかやったけどATM行かはって買わはったわー。
横の3万の壷の方がしょーじき価値あるって言うたし、それはわかるって
言ってはったけど、そっちの4万の壷が好みに合わはったんやなあ。
 おねーさんも気に入らはったら本望や、仕入れ値でええわ!」
……うまい事を。
もう一声負けて欲しかったけど、まだ最終日でもないし2000円まかったら
もう無理だろうなー、それに更にまかるんなら逆にあやしい。
 素人ながらの判断で手を打ってしまいました。あーあ。
ぐったりする程悩んでしまった。
とにかく、これを手に入れたら何も要りません。
 「あてさえせんかったら大丈夫。」って言われたけどほんとになんかあったら
嫌なんでずっと抱っこして帰る。 ほんとに惚れたのよ。
古典的なデザインではないから、割と新しい創作ものでしょーね。
産地に行ったら普通にあるのかも。(んー、でも量産ものではない気がするなあ)
 損してるのかもしれません、でも好きになったら仕方ない。
あー、やっぱ恋愛みたいな……(笑)
e0125762_1742505.jpg

by cattail-kk | 2009-02-11 17:44 | 陶磁器・陶芸・アンティーク | Comments(0)

基礎コースの半分で。

きちんとまとめて振り返ってみよう、と思いまして。
e0125762_2134193.jpg

これは以前の信楽轆轤廻しの1回目の皿。皿。
そう、今週4回目のお題は「皿」でした。

体験と違うのは課題があり、「学ぶ」と言う事。
最初は30分程陶芸の歴史、種類、過程などを講義していただきます。
 この時、どういう講座になるのか、心の準備のなかった私は
「陶器、磁器といえば知ってるのありますか?」という質問にもスムーズに
出て来ず、もたついてました。名前しか知らないのでもええんやろか、とか。
 窯元まで一応行って見たのは信楽、清水焼き、九谷焼。
名前だけなら鍋島、萩、志野、織部、瀬戸、常滑、有田、備前、伊万里、壺屋……
ほんとは出て来るじゃねえか!!
結局、陶器ばかりを答えて「磁器は興味ないんですか。」と言われてしまった。
好みの傾向が陶器の様だと初めて認識しました。
 「陶器と磁器の違いって分かります??」
質問の前の週、九谷の工房で聞きました。聞きましたとも。
んでもすっかり思考停止な私は答えられませんでしたとさ。
 先生は女性でおっとりした感じ。何も縮こまる事はないのに。
言うならば。「初めてのおうちに連れて来られた猫。」状態。
 いや〜、雰囲気を把握できないと思考停止するんすよ。
最初の日は時間が(三時間あります)長かった。

基礎コースは手ビネリがメイン。
この日ははがき大の紙の上で湯のみを作りました。
 最終日はこれでお茶を飲むそうです。
e0125762_21524459.jpg

これは家人其の1の……其の1の……なんだろ。小鉢??
灰皿サイズだから、ちょーだいと言ってたんですが綺麗に仕上げてもらったので
もったいない。 小鉢として使いましょう。

さてさて、2回目は風邪で日にち変更。
2回まで変更がきくと聞いたけど、早速使ってしまいました。
 この日は茶碗。
手回し轆轤なんですが、ここで私的に重大な問題発覚。
私は右利きでしょうか、左利きでしょうか??
 字は右ですが、鋏など刃物は割と左。多分矯正された左利きの様な気がします。
案の定、廻してみてもピンときません。
どっちでもできるっちゃあできるし、できないっちゃあできないし。
 これは未だにわからずやってます。数こなせばわかるかも。
とりあえず、作るのは茶碗なんですが。広げ方が茶碗は茶碗でも抹茶椀になる。
2つ作ってみました。
ここでも問題発覚。
「すぐひびわれますね〜。手の温度、高いんやと思いますよ〜〜。」
先生っ、それはどうしたらええんですかっ??
 ……別に水を使う回数を増やせばええんでした。
一瞬、不治の病の宣告を受けたかの様にビビってしまいました。
 体温が低いので意外だったんです。
知らんかった、「太陽の手」だったとは。新発見です。
e0125762_22192911.jpg

これは家人其の2の2回目チャレンジ不調の時の……皿??
ユーモラスで可愛いから良しとして。

3回目は湯のみ。「寿司やの様な大振りのを作って下さい。」と言う事で。
 縦に(上に)伸ばす、と言うのがどうも苦手っぽい。
頑張りましたが1回目は抹茶椀に。
 心がけて2回目はわりかしスムーズに湯のみに出来ました。
この日は残りは高台削り。
 水平を計り、轆轤で○を描いて削る。直角と曲線を使って底の台を掘り出します。
いま、この作業がお気に入り。
 ちょっと慣れて他の人の話を耳に入れつつリラックス〜してやってました。
うん、楽しくなって来た♪
e0125762_22282443.jpg

これは家人其の1の皿。
ふちの分厚さが手に気持ちいい皿です。

4回目(昨日)は皿でした。
轆轤に大きく伸ばして○に切る。紐を練ってふちに巻いてつける。
 ある程度積んだら鞣し皮で水をつけつつ、形を整える。
ちょっと上に伸ばしてから広げるのですが……。
なんで抹茶椀になるのかな〜!!
 先生も「これは……初めてのパターンかも。」とおっしゃってました。
底を確保しようとして指を当てつつしてるうちに押しすぎた様です。
 どうやら、「すべてが抹茶椀になる。」じょーたいですな。
帰って「今日は何した〜?」と言う質問にしょーじきに答えると
「お前なんぼほど抹茶椀好きやねん!!」と言われてしまいました。
 えー、えー、好きですとも、抹茶椀。
ま、前回の如く2回目はスムーズにできた。失敗して覚えんだよ、やっぱ。

一日体験とかと違って「こんなんできました」ではなく、課題を作るので
少し寂しいです。 しかし好きにしてて良かったら多分全て抹茶椀でしょね。

残りの時間は先週の湯のみの高台削り。
終わらなかったのでまた来週ですな。

一応、スケジュールには素焼き、釉薬がけもあるので楽しみです。
今は高台削りに夢中ですけど。
 ま、順調っちゅうたら順調にやってます♪
by cattail-kk | 2009-02-10 22:47 | 陶磁器・陶芸・アンティーク | Comments(0)