Simple Soul

於 金沢ー其の九。(妙立寺 九谷光仙窯)

e0125762_22585999.jpg

3日目の朝、ホテルの窓から。
 大阪育ちの私には新鮮だったのですが、窓ガラスの内側に戸があって外気を
ワンブロックしてるんだなあ。
格段に部屋と戸とガラスの空間は温度が違う。
早速、冷蔵庫代わりに飲み物なんて置いてましたけど。
 問題はこれ閉めてると、えー感じに真っ暗!で思いっきり爆睡。
明るくならないんだもの〜〜。
ほんとは外は雪の反射でスゴく明るかった。
e0125762_234239.jpg

ホテルに荷物を預かってもらってまずはご飯……。
車の轍の上ならそんなにグチョグチョじゃないから……。
しかし車が来ると道を譲るので埋没。
 今回一番と言うか、唯一困ったのが靴! ズブズブでした。
またしてもドトールで朝ご飯。
最終日になんですが、ここはすぐの距離にスタバ、ドトール、マクド、ミスドが
あり、コンビニも3軒ぐらいある。
「片町ツアーホテル」、御安くて便利でした。
e0125762_23105757.jpg

鳥も冷たかろう。
距離は普通ならすぐと思われますが、雪に慣れないので早めにスタート。
川向こうに寺院群があります。
e0125762_23125230.jpg

寺院群と言うだけあってこういうお寺はごーろごろ。
足下にも集中してるのでまた行き過ぎかけ。あんまり派手に案内板とかないしね。
e0125762_23143489.jpg

ほんとはお土産物屋さんもあったりするようだけど、もう予約時間です。
e0125762_2318665.jpg

「妙立寺」別名「忍者寺」。でも忍者には関係ない。(と、案内の人も言ってた。)
ちなみに、ここは予約制です。
e0125762_23195367.jpg

受付時間まであと少しなんで雪景色を楽しむ。
しかし風がふくと……「来る!来るぞっ!!」「ふおお〜!!」
 ……雪の塊が直撃するのです。それもまた楽しいけど。
もう既に私は靴下までグチョグチョなんで裸足に。
「……寒々しい。」と家人に批判されますがビチョビチョで
見て回る訳にいかんでしょ。
幸い、冷え対策か靴下を100円で売ってたので購入。
ありがたや。

この寺、外見は2階建てですが4階7層、部屋数23階段29という超からくり寺。
 今回家人其の二と一番に約束したトコです。
グループごとに案内してもらう。
 戦時に備えての寺院群、その中でもここが司令塔になる予定でした。
ほんとに隠し部屋や隠し階段、仕掛けだらけですが匠もびっくりのアイデア満載。
 最初に正面の賽銭箱が落とし穴になる。
案内順で次も落とし穴を見る。
「では、そちらに進んで下さい。」 「わあっ!!」
うちの家人の叫びに皆固まる。 「あ、段差です。気をつけて下さいね、」
……。「ここも落とし穴かと思って怖かった。」はいはい。
いや、この心理効果。今でも有効やね。
 賽銭箱の落とし穴を落ちると下男部屋。一勢に串刺しになるそうな。
嫌な死に方だなー。 その脇にも障子が張られた階段が。
明り取り兼、下から攻撃用らしい。
 落とし穴とか階段下から攻撃とか、進むの嫌になるだろーな。
しかも隠し通路は敵自らが閉めた戸で隠れちゃう。(説明が難しい。)
見事な設計です。
 間に、普通は忌まれた4畳の隠し部屋。
「なぜかと言うといよいよ追い詰められた時に自害し、
火をかける為の部屋でした。」
その御覚悟になんだか粛とする一団。
「まあ、ご理解の様にこの妙立寺攻め込まれた事はありませんでした。
ですからここも未使用でございます、ご安心下さい。」というガイドさんの説明に
何だかほっとした。ま、燃えてませんわな。
 武士溜まりは武器の御手入れが出来る様に天井高め、一般人の参拝を妨げない様
中2階に殿様ルーム、桟がロックになる脱出路等々、全くもって面白い。
 そして無駄のなさがスゴい。
拝観料大人800円ですが価値はございました。

 お守りが可愛かったので買ってたら冴え渡る鈴?鐘?の音。
売店の人も訝し気に覗き込んでる。
e0125762_23463970.jpg

きょろきょろしてると、雪中を僧侶が颯爽と現れた。
白い中を黒い合羽で唱えながらの出現に気をのまれた。
 御用を済ますとまた唱えながら颯爽と去る。
裸足に草蛙履きの足は紅白に染まってました。
修行の一つでしょうか、厳しさに圧倒されました。
e0125762_23514330.jpg

ま、ユルい観光客の私たちはすぐに雪に足をとられつつ「ぎゃっ!!」とか
言いながら雪景色を楽しむ。
e0125762_23534663.jpg

3日目にして想像通りの雪景色。計算違いは足元だけね。
折角靴下履き替えたけどまたぐちゃぐちゃ。
「アイゼン持って来んかったん?」 いや〜、そこまではね。
問題はアイゼンより防水性だと思う。
e0125762_23564411.jpg

城下最大の避難場所であった、「六斗の広見」。
ほう、広いなー、と感心して寺院群も見回りたいけど光仙窯へ向かう。
e0125762_23595337.jpg

途中、雪に触りたい家人共に手袋を買いつつ聞くと、また行き過ぎてた。
曲がってまた行き過ぎてまあ、何とか見つけた。
雪に気を取られるし、道が路地系なんですぐ見失うのよね。
e0125762_021691.jpg

工房も案内していただいて(作業中の人も居ました)満喫。
 絵付けも出来るんだけど華麗な九谷焼の品々を見たらなんとなく遠慮。
畏れ多いわ。ちょっと心残りではあるけどね。
 さてさて午前の予定は回れました! 後は片町まで戻る予定です。
[PR]
by cattail-kk | 2009-01-19 00:11 | 旅・おでかけ | Comments(0)