Simple Soul

至上主義。

e0125762_2111647.jpg

恋愛に於いて最上の瞬間は「手をつなぐ」時である、と云うのが猫尾の持論。






本来、秘めたるが花、と云う主義で(家人に「古武士みたい。」と云われた。)人前でべたつくカップルには自然に眉間に皺寄ります。 でも人前でも、手をつなぐのは許す(笑)。
どぐされ「愛の伝道師」と化した家人は以前「えー、俺ら割とするけどー。手、繋ぐぐらいはあかん?」と云ってました。 莫迦は死ななきゃ治らんけど、死んでないからやっぱ莫迦。
しかし莫迦はさておき、「手をつなぐ」のは相互の意志があっていい。 対等な気がします。
依存でもなく、自由意志。 その人の手に触れていたい、その人に手を委ねられる。 
意志があるじゃないですか。 振り払うも自由だ(笑)。
以前ネットニュースで「天国に行く時、何を持って行きたいですか?」と云う質問に「花束。ばあさんに久しぶりに会うから。」と答えた方がいたそうです。 素晴しい。
猫尾は割と年配の方が多いトコへよく出向きますが(寺、とかねー)、最近普通に手をつないだ年配の方をお見掛けします。 ‥‥いい(笑)。 
すべからく人は手を取りたい相手と出会うべきである。 ずっと花を贈りたい相手と出会うべきである。 
なんて昨年、貴船を下りつつ思いました。
恋愛も叶えてくれる貴船神社、この人達にはそっちのご利益は要らないね(^^)、とついシャッターを。
1人で歩く猫尾ですが、目の前ですっと繋がれた手のぬくもり、こちらまで暖かくなる。
多くの人がすべからくそんな相手と出会えます様。 路上から願ってやみません。

「手を繋がなきゃ」

[PR]
by cattail-kk | 2012-01-14 07:05 | 日常 | Comments(0)