人気ブログランキング |

Simple Soul

大人心と童心と -京都 元田中 BAR「探偵」。

e0125762_0582340.jpg

平日は大阪、休日は京都、という生活パターンをしていると夜間移動が多くなります。
大体は終電で出町柳まで。 叡山電鉄は終るのが早いのです。
出町柳界隈はこれまた色んなお店が多くて少しずつ馴染んでいけばいいや、と思っていたら早速「いつか行こう」と思っていた筆頭の「Bar探偵」に遭遇しました。 いやはや。
林海象監督のお店はとても大人でそれでいて稚気溢れる素敵なお店でした。



出町柳界隈は賑わっていても、北白川は住宅街。 静かな街並の上にどでかい「京大」があるので猫尾のアパートまで路地的な道を斜めに斜めに帰ります。 「京大」を迂回してると遠いんだ。
そういうルートで抜ける人はいつも割といるので先達を追いながらの帰り道、うっかりiphoneに表示される最短ルートを前行く影につられて一つ早く曲がってしまった。
ああ、一つ早かったな、と思うもののわかっていたらなんて事無い。
いつもの道はあっち、ああ、でもお陰でここにスーパーあるのわかって良かったな、なんて思ってたら。
e0125762_1105680.jpg

これは。 あらら、こんなとこにあったのね(^^;)。 落ち着いたら是非、とは思ってたけど通い出して1、2回で見つけるとは。私のイメージではもっとこう‥‥あっちの方(どっちだよ)かとイメージしてた「Bar探偵」。 
手持ちで引っ越ししてるのでまた大きな荷物を持ってためらうけど、折しも小雨が降り出して後押ししてる。 
‥‥「すみません、何時までですか?」 夜の店には定番の科白で初の入店。
e0125762_1163312.jpg

シックに落ち着いた店内にはバーボンのロックが似合う。 早速ハーパーロックで満足の溜息。
e0125762_1185346.jpg

ノイズの混じるレコードプレイヤーからはイーグルス。 多分1杯じゃ帰れない。
こんなに雰囲気いいんじゃあね。
e0125762_1214072.jpg

e0125762_1232324.jpg

e0125762_1234159.jpg

早速落ち着いた雰囲気のバーテンダーさんに「写真撮っていいですか?」とこれまた定番の科白。
いつもこれですが、「いいですよ。」と云った後にガッ!とデジイチを出すと大概「一眼かよ!」って声なき声がする感じが猫尾の密かな楽しみです(笑)。 いや、それが切っ掛けで話がしやすくもなるのでいいでしょ(^^)。 
「写真やっておられるんですか?」「いや、趣味程度なんですけど。」 何度この会話したか!!(笑)。
e0125762_1284315.jpg

さても重厚な店内に判り易い(笑)隠し扉、カウンターからは伝声管。
「濱マイク」シリーズや「夢見る様に眠りたい」のファンとしてはついにやにや。
いいなあ、いいなあ、もっとマニアックかと思っていたけどそういうオプションなしでも素敵なバー。
レコードはトム・ウエイツにかわって更に腰が重くなる。
お客さんも落ち着いた感じの常連さんや、学生の街らしく若い人も多い。
e0125762_1362170.jpg

ここで一発、訳あり風の謎めいた紳士とか入って来ても違和感ないなー、なんて夢想。
そしたらバーテンさんが秘密のボタンをおして探偵に知らせるんだな。 
果てしなく勝手に妄想しつつグラスが進む。
e0125762_136579.jpg

グラスを重ねるうちに気になったのだけど、どうやらトイレは一端外に出るみたい。
夜目にも妖しげだったこの建物、ちょっと見て来ようか。(猫尾はあまりトイレに行かないので全くの探究心だったりします)
判っていても「トイレってこっち?」などと聞くのが初めての店での心得。
おっと探偵の心得じゃあるまいし(笑)。 でも、小さくても言葉を交わすのが一番なじみやすいでしょ(^^)。
おお、ここもいわゆる「アパートメント」だ。 建物的に興味津々。
e0125762_218166.jpg

トイレは新しく明るい雰囲気。
e0125762_2185795.jpg

でもやっぱ京都造形大学の教授でもある監督のお店らしくサブカル度高い。
因みにカメラ持ってトイレいったのではなく、後で回ったんですよ。 幾らなんでもねえ(笑)。
e0125762_2211645.jpg

トイレは明るいが、その先のアンダーグラウンドな雰囲気が気になる年頃(笑)。
ほんとは階上にレトロな電球がついてて、自分の住む銀月アパートメントくらいレトロに見えましたが、この時は消えてた。
e0125762_2233023.jpg

ほら、やっぱり秘密の部屋がある(笑)。 絶対秘密ではなくて、イベント時などには見れる事もあるみたい。 今度また捜査だ(^^)。
e0125762_2254252.jpg

店内は文句無しに素敵で居心地が良かったのでふつーにまたまた呑みに行きたい。
お店だけでも行きたくなりますが、この建物がまた興味深かったのです。
見えにくいけど、横の看板?は「上海バンド」とあったような。 実は昼間もチャリで通りすがりに見たのだけど、何か写真撮ってないね。 
階上は多分アパート、1階奥はよくわからないお店も見受けられた様な。 監督違いですが、「YEN TOWN」みたいでした。 いや、違う監督ネタでほんと失礼だけど。 
素敵に雰囲気ある建物に入らはったんだな。 余計に好きになりました♪
e0125762_2332913.jpg

深夜2時までオープン、大人心と探究心が涌き立てられるBar「探偵」、よければどうぞご一緒に(笑)。

BAR探偵
〒606−8212  京都市左京区田中里ノ内町26  tel:075-708-2619
        ★BAR営業時間 (月曜定休)16:00~26:00

        *2012年から営業時間が変わります
by cattail-kk | 2011-12-21 02:42 | 旅・おでかけ | Comments(0)