Simple Soul

銀の月を手に入れて。

e0125762_036538.jpg

手に入れて、と云うのは鍵を貰って不動産屋さんに「ありがとうございました」と云ってからにしたかったのですが、いよいよ決定して「入居予定者」になりましたので忙しくなる(笑)。
一身上の事をいつまでもあげつらってても仕方ないので一端ここで。
でも、昼も夜も頭から離れない程惚れ込んだこのアパート、限られた期間がっつり撮りまくるつもりですのでいずれまた。
‥‥春の枝垂桜、見たいでしょ??(^^)。





かねてからこんなに毎週京都へ通ってるなら、いっそ週末だけのルームシェアでもないかなあ、とは思っていたのです。
交通費もゲストハウスとは言え宿泊代も移動時間ももったいないし。 
とは云え、お金の余りたくったセレブでもないし、これが限界、と思っていました。
ま、行かなきゃいいんだけどね(^^)。 ほんとはそこが問題だけど。

今年は私にとって大きな変化のあった年で、家人其の1が紆余曲折の末、うちから出ました。
(そしてまだ紆余曲折しまくってますが)
そのすったもんだの中で4ヶ月程、他に部屋を借りてたのです。
楽だったとは申せないですが、やればできた(笑)。 で、解約時にふっと思ったのです。
できない事ないんだなあ、って。 ←魔が差した、とも云えるかも。
家人の家賃も、とちょっと始めた副業(ま、ブログとあまり変わらない(^^;)。猫尾は今それぐらいしかできてないから、それでやってみた。)も微々たる物ながら足しになってるし。
じゃあ。 じゃあ、って思い出して結局、今月、何の気なしに調べてみたらぱぱん、と出て来た。
先月行って ここに住んでみたいなあ、と思ったアパート。 まじっすか。 家人トコよりはちょっと安いし。

ここで更に遡るなら、元来古い民家やレトロな建物が好きです。
いつかは住んでみたい、と云うとよく「憧れるんはいいけど実際は大変やで。」と云われる。
うん、多分そうだろうな、とは長年思いつつ、機会がある度に どう大変か?を聞いて来ました。
泊まれる機会があれば、実際に泊まってみた。
予想通り大変そうで。 予想通り。 だったので、試してみたくなった(笑)。
しかしながら、まだ家人其の2も学生だし、仕事も辞める訳にはいかないし。
アパートに内見に行って、実際にトイレも風呂も流しもない、外観を重んじるならエアコンもあきらめたがいい、と云う条件を見て結構考え込みました。 先週はそれで独り歩き回ってたんですね。
この京都。 あのアパート。 今の大阪の暮らし。 家人の事。 うーん。

でも結局、今よりは条件がいい日、なんて来ないんですよね。 自分も若くないし、親も若くない。
一人っ子なんでいずれ恩返し、その日は近づくばかりでしょ(笑)。
まず今から2年の契約。 希望的観測(笑)では多分親はまだ元気だろうし、家人の受験までまだ間に合う‥‥かな?? 会社も後2、3年後に大荒れする。 独り親家庭への優遇もじきに終わる。
あー、厳しくなるばっかりだなー、と再認識。
これなら‥‥まだ今がいいんじゃない??(^^)。 と、まあ、このアパートに出会って一ヶ月。
最後は月曜日に電話して空いていたら、とギャンブルで決めました。
いやー、結婚決めた時と同じスピードだなー、割とギャンブラーなんかいなー、なんて思ったり。

過ごしているうちに、ずっと京都に住みたい、と思うかも知れない。
全然活用できなくてさっさと大阪に引き上げるかも知れない。 
でも家人も大きくなるし、ここにいなきゃいけない理由なんてほんとはないし。
はい、やっぱ憧れだけじゃきついわー、ってなっても、やらないよりいいんじゃない??
人にとっては愚行でも自分にとって価値あれば充分ってのが信条。 そして私にはやる価値ある事だ、と(^^)。 
‥‥やっぱギャンブラーなのかな。 長くなりましたが、一期一会。
意外に反対覚悟してた親が「ずっと色々1人で頑張って来たから元気なうちにやりたい事試したら。」と云ってくれたので(あまり頑張ってはないぞ!!)驚きつつも試してみます。
なんだ、この流れは。何かとっても苦労した可哀想な子みたいなのが気になりますけど(笑)。
ちなみに一番問題になる家人其の2は「週末、京都へ行くん‥(ニヤリ)」でした。 喜んでんじゃねーよ、キミからも目は離さないんだからっ。

さてもさても。 急転直下の秋、乗り切る事ができるのか??
でも今ならまだ試せるんだと思って‥‥実りあります様に。 銀の月のもとに。      

 
[PR]
by cattail-kk | 2011-10-21 02:03 | Silver Moon | Comments(0)