人気ブログランキング |

Simple Soul

蒼い空という名の酒 -京都伏見 藤岡酒造。

e0125762_0522285.jpg

5月14日の伏見。 「蒼い空」を探してのほほんと歩いて辿り着きました。
以前、「そうだ。伏見に行こう。」と思った時から気になっていた藤岡酒造さん。
ここは「利き酒どころ えん」が併設されているとの事で、できるならば見てみたい・呑んでみたい。
なんだかぽっかり空いた5月の午後の締めくくりにこの上ない場所でした。

ゆったりお散歩できる伏見の街、たっぷり書きたいけどまず今宵は藤岡酒造さんの探訪記、とさせていただきまする。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村



e0125762_0552588.jpg

商店街までは以前にも行った事はあったのですが、そこから先は初めて。
なんせ、酒蔵は多い伏見なのでたくさん見てみたいけどそれほどは詳しくはなく、とにかく藤岡酒造さんを目指す方向音痴。 携帯で写メってきた地図を見つつ、いとも普通な街並を歩く。
多分あの通りを右‥?と曲がって見つけた杉玉。 おお、酒屋の証!! 店頭にいるのは六代目。
e0125762_0591454.jpg

派手に看板が出てる訳ではないので、どこ?と入り口でちょっと戸惑う。
左は倉庫&事務所っぽい。 ああ、見上げたら鮮やかに切り取られた蒼空。 
e0125762_115221.jpg

右手の入り口を入ると店舗とカウンターでした。
e0125762_14524.jpg

あ、この瓶だ♪と嬉しくなる。 以前に買った時も綺麗な瓶だなあ、と思ったこの瓶。
e0125762_165224.jpg

こんなに種類があるんだなあ。 帰りに悩みそう‥呑んでみなくちゃね♪
e0125762_181378.jpg

カウンターもお座敷もお客さんがおられますが、やっぱお座敷でまったりしたい。
e0125762_195611.jpg

こうして見たら映ってないけど、手前にも机と座布団があって、割と人数は入れそうでした。
e0125762_111259.jpg

お座敷カウンターの眺め。 奥に見えてるのはお酒のタンクなんだそうです。
琺瑯っぽくて、レトロ感が可愛い。
e0125762_1131560.jpg

e0125762_1135211.jpg

まずは気になる「山うに豆腐」と「純米大吟醸生酒・山田錦」で。 ちょっと疲れた足を伸ばしつつ冷えた一杯。
e0125762_1162448.jpg

灯りも柔らかくて居心地いいです。
e0125762_1172551.jpg

「山うに豆腐」‥‥なんだろう、沖縄のゆし豆腐とか胡麻豆腐みたいな食感。
豆腐の味噌漬けだそうですが、チーズみたいに濃厚でレタスと食べて良し、勿論酒のアテにはこの上ない味でした。
e0125762_1194920.jpg

twitterもやっておられて、今年の分は作業完了と書いておられた。 他のお客さんが引き上げられたので色々とお酒造りの話を聞かせてもらいました。 その年その年で気温等に左右されつつの酒造りのお話。 
デリケートなものだなあ、きちんと味わいたいですねー。
e0125762_123435.jpg

いいお酒はキュキューっときいてしまうので、わからんくなる前に店内を撮らせていただく。
e0125762_12509.jpg

e0125762_1253191.jpg

e0125762_1255153.jpg

e0125762_126425.jpg

神棚は失礼と思いましたが昨年訪ねた松尾大社さんのお札が祀られていて、ああ、本当にお酒の大社なんだなあ、としみじみ。 また行きたくなって来た ^^)。
e0125762_1285546.jpg

気になるお酒を試飲して、今日の1本!を決めて〆は酒粕アイス♪
ええ、もうご存知の方も多いでしょうがアイスで日本酒、はいつもの事。 すっきりして美味しいよ(笑)。
e0125762_131486.jpg

閉店近くに六代目のお帰り。 ちょっとポーズはずしてごめんね。
彼が大きくなってまた美味しい酒を造ってくれるんだろうか。
んー、その頃まで呑んでたいですね♪
e0125762_1334856.jpg

藤岡酒造
京阪伏見桃山駅下車 徒歩約5分 丹波橋駅下車 徒歩約5分
近鉄近鉄桃山御陵前駅下車 徒歩約6分 近鉄丹波橋駅下車 徒歩約6分
酒蔵Bar えん
営業日:11時30分~18時30分 定休日:水曜日(祭日は営業)TEL:075-611-4666

伏見探索&昼呑みにもってこいの素敵な酒蔵、気候のいい時期にお勧めです♪
大人の散歩しないかね(笑)。
by cattail-kk | 2011-05-17 23:55 | 旅・おでかけ | Comments(3)
Commented by 山中 at 2011-05-26 11:36 x
いきなりで失礼いたします。
心当たりが御有りでなければ、どうぞ無視して下さい。

ひょっとして、京ネコに入られていた「猫尾」様でしょうか?
もしも猫尾さまでしたら、「親父が神職」山中です。
お心辺りがなければ、申し訳ありません……。
Commented by cattail-kk at 2011-05-27 00:36
山中さま! 覚えてます〜♪ 
関東の方でしたよね!?
3コマ漫画「将門くん」でしょ? ^^)。
いっぱいいっぱい思い出してきた‥(笑)。
けど、間違いなかったらまた返信下さいませ。
非公開でもけっこうですよ〜〜〜♪
Commented by 山中 at 2011-05-30 16:10 x
ありがとうございます。 やっぱり猫尾さんだったとは、嬉しいです。
実は雪の神泉苑の頃から拝見していたのですが、多分と思いつつも覚えておられないかもと、迷っておりました。
少し印象は変わられたものの、やはり山中が男性と思い込んでた(笑)雰囲気がそこはかとなく感じられて、長らく推理しておりました。
あの、「誰もいないカーテンを子どもが怖い怖いと指さすんだが」と言う発言で、初めてお母さまである事を知った驚きと言えば。
あ、内容も驚いたのですが、私などまずそちらでした。
「家人」さん達があの頃のお子様なんですね。
またしても驚きです。
山中は今、親父と同じ神職についております。
いま、出張先、不慣れなiphoneからなので、帰りましたらメールさせていただいてよろしいでしょうか?
色々伺いたく思ってます。
よろしくお願いします。

「将門くん」を覚えておられたとは、汗顔の至りです。
自身でも久しぶりに思い出しました(笑)。
そうです、その山中です。