Simple Soul

カテゴリ:建築( 4 )

30秒の距離でも。

e0125762_253065.jpg

何も遥々出掛けなくても、街にはいっぱい好きな風景がある。 そんな近場のちらほら。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

More
by cattail-kk | 2012-01-27 07:30 | 建築 | Comments(0)

大阪 心斎橋大丸。

e0125762_2047279.jpg

5月17日、大阪は雨です。 インドアに「第20回 日本陶芸展」を見て来ました。
作品も興味深いですが、ここはウィリアム・メレル・ヴォーリズ建築。
陶芸展は写真を撮れないのですが、つい建築の意匠に目がいきます。
端っこの入り口から入り、端っこを歩いた範囲だけですがやっぱり素晴らしいです。
去年近江八幡に行った時、半端に行くよりもじっくり来よう、と思ってヴォーリズ建築を巡らなかった事を後悔。
e0125762_20531296.jpg
e0125762_20555584.jpg
天井、時計、灯りなど、細部まで美しい。
e0125762_20563592.jpg
e0125762_20565779.jpg
小さいとき梅田阪急百貨店で親が買い物中、こんな石の壁にもたれて待ってた時の冷たさを思い出します。
e0125762_20572588.jpg
緑の公衆電話も最近では過去の物になりつつあるような。
e0125762_20575532.jpg
e0125762_20581086.jpg
無限に合わせ鏡状態。自分がいっぱい映り込むのが怖いくらいです。
e0125762_20582282.jpg
この辺はこの意匠が多い。トレードマークは孔雀らしいけど。
e0125762_2059877.jpg
e0125762_20592142.jpg
今度は細部まで見て回りたいなあ。 しかし写真撮るの恥ずかしいもんだ(笑)。
by cattail-kk | 2009-05-17 21:11 | 建築 | Comments(0)

今週も辰野金吾。

e0125762_22544781.jpg

「中之島きものいち」に行って来た。
場所は中之島公会堂。
奇遇ながら先週の浜寺公園駅に続いての辰野金吾がらみ。
e0125762_22571452.jpg
アンティーク着物のお店が5、6店出店してる。
値段的にも度胸を決めれば買える範囲でけっこー苦しんだ。
「うっわー、すごく好み……」とうっとりし過ぎ。
ま、結局悩んだ末、帯飾りしか買ってないんですけど。
ただこないだの「和印マーケット」といい、お店の人と常連さんで空気ができてて
一見さん(?)にはちょっと気まずい雰囲気が漂うのは如何なものかと。
って、自分が常連化したら混ざってしまうんだろーけどね。(笑)

e0125762_2342190.jpg
たっぷりアンティーク着物に浸った後は さて、建築探訪。
歩けるトコは全て覗いてみる。
全体もさることながら細部がロマンチィック。
以前を知りませんが、保存再生うまくいってるんじゃないか、と。

e0125762_231255100.jpg
エレベーターやエアコンも当然導入されてるけど荘厳な雰囲気を邪魔しない。
所々に以前の建材や塗装を見せている。
この椅子も当時ものなんだろーか、座席が上がる様になっている。

e0125762_2314587.jpg

ネットは張ってあるけど。
真下見ると 腰が抜けそうだ。
ブーツでドカドカ歩くのが気がひけました。(汗)


e0125762_2319866.jpg
光が美しい。
ただ座っている年配の方もいた。

大集会室は今日は開いていなくて天井画等は未見。
レストランは待つ人が並んでたので 覗いただけ。(ほんまに並ぶの苦手)
また来なきゃね。e0125762_2325466.jpg



四方から眺めて廻ったんだけど、これ上から俯瞰するとどんな形??
正方形っぽいけど。
製図図面なんてないのかな?
見てもわかりませんけどね。(笑)

e0125762_23285248.jpg
そして びっくりしたのがこちら。
中之島図書館。
本日 淀屋橋から歩いて来たので後で見に行こ、とチェック。
でも正面玄関は木で見えてなかったから。
いや〜、歩きながらついにやける私。
危ない人じゃないですよ〜。
浅学なもんで知らなかった。
家人にこの写真を見せたら「日本ちゃうやろ。」と言われた。
う〜ん、実物は松に囲まれてますよ。


e0125762_2337952.jpg
ここって大阪人ならじょーしきな場所なんやろか?
中央の大階段と吹き抜けてステンドグラスの天井も??
携帯ではろくに撮れてなくて悲しい。
帰って調べたらここにも顧問として辰野金吾の名が。(笑)


e0125762_23385520.jpg
受付でロッカーの鍵をもらって、中身が見えない鞄はCDサイズぐらいしか
持ち込み不可です。
やたらと立ってる警備員(?)さん。
すっかり圧倒されてこそこそ携帯フォトる私。
入り口で「自習室ですか?資料室ですか?」と聞かれて「中が見たいんですけど。」と
答えても笑顔で接していただいたし、「通話は禁止」としか書いてなかったし。
でも なんだかこそこそ。

e0125762_2344848.jpg
中も素晴らしくレトロでどこもかしこもうっとり。
今回実はいつものデジカメが訳あって使えず(充電後、電池忘れた。だけ。)
ニコンは目立つのでロッカーへ置いて来た。
人が来る度になんかごまかしてしまうわ〜。
そう、自習室があるようにここがすごいのはバリバリ利用者がいる事。

e0125762_23503599.jpg
しょーじき、「もったいない〜」って気もするけど、丸々保存用となるのも
悲しい。
しかし、誰も珍し気ではない。
ええ〜、やっぱじょーしきな建物なんですかー??
……あり得ない程、素晴らしいと思うんですけど。ブツブツ。

しかし、今日思った事。
大阪は美しい。

e0125762_23553726.jpg近辺を見てても思った。
派手なとこか山の中かしか最近見てなかったけど。
パッと現れた訳じゃなくて色んな時代を重ねて今の大阪なんだなあ。
ええと、これは日本銀行大阪支店、だと思う。
これも辰野金吾。ええい、このあたりはほとんどそうなのか??(笑)
e0125762_23555887.jpg


たっぷり感動した午前中でした!!



e0125762_025656.jpg



……しかし、私ずっと関西人なのに大阪全然知らんなあ……と、反省もした!
歴史も建築も地理も知らんなあ。
この後、梅田でアウトドア用品見に行ったけど どっちが梅田か方向すらも
知りませんでした……。(汗)
by cattail-kk | 2008-04-20 00:13 | 建築 | Comments(0)

「辰野堅固」南海電鉄浜寺公園駅。

e0125762_22252189.jpg

曇天で残念!
登録有形文化財 南海電鉄、浜寺公園駅。
明治40年建築。
辰野金吾、の名前でぴんと来なくてもきっとその建築はお目に留まってるはず。
日本銀行大阪支店。奈良ホテル。旧大阪教育生命保険(現:シェ・ワダ)。
そして大阪市中央公会堂。全国的にはもっといっぱいあるんだけど。
設計の頑丈さから「辰野堅固」と呼ばれたり、印象的な赤煉瓦に白い石を帯状にめぐらせるデザインは「辰野式」と呼ばれたそうな。
関西でもたくさん残っています。
まだまだ見に行けてないけど今回はバーベキュー帰りに無理矢理行って来ました。
というか、廻っていただいた。thanks!

e0125762_22462820.jpg
帰って写真を見ても「日本一可愛らしい駅」の魅力が伝わらず残念。
e0125762_23130100.jpg
専門家じゃないので「ハーフティンバーが〜」とか解んないのですが素敵なもんは
素敵。



e0125762_22492733.jpg


改札内。クリーム色なのかアイボリーなのか。
でもレトロないい色に染まってます。


e0125762_22505672.jpg

左は構内ではなく、連絡通路。
イージーな柵だが右は構内。
何故に格子状になって可愛いのだ?
比較対称物がないのでわかりにくいけど人1、5人分の幅しかない。
それを抜けると……


e0125762_22543028.jpg


狭いせいか、急勾配に感じる。
ただの連絡通路と知っていても行って見たくなりました。
別に住宅街に出るだけなんですけどー。



e0125762_23141556.jpg







改札からまっすぐな道。
昔はメインロードだったのかな。e0125762_225948100.jpg

特徴的な正面の柱。
コンクリじゃなく木造とは。
ああ、愛おしい。



e0125762_2305665.jpg



現在は使われてない改札。
「あ、知ってる!!昔は駅員さんがこんなかおって切符に鋏入れてたんやろ?」
……まだまだ記憶にあるんですけど。昔って言われたら何かね……。

e0125762_2331557.jpg
しかし正面の柱といい、経年の結果はレトロ感ではすまされないかも。
南海本線の高架計画で使われなくなる可能性もあるとか見掛けた。
安易には言えないけど やっぱ無くなるのは惜しい駅でした。
今度は天気のいい日に行きたいね♪
by cattail-kk | 2008-04-14 23:17 | 建築 | Comments(0)