Simple Soul

365の愛しき事草 ー 京都 法金剛院 蓮の色。

e0125762_03301913.jpg

水無月も末、今年もまた
この季節がやって来ました。
夏に湧く虫の如く、猫尾が沸き立つ季節です(笑)。
ええ、ご無沙汰はいつもの事、
当ブログを御存知の方なら
忘れた頃に嘯きだす猫尾システムはご承知と見切って、最早お詫びも致さずすっ飛ばします!(笑)
e0125762_03301997.jpg

蓮の季節ーー!
と私はテンションを上げておりますが
実際には時期尚早。
例年の
(書いていませんが、
例年蓮巡りはしております(笑))
藤原宮跡はまだまだ、烏丸半島はぼちぼち、長居植物園もぼちぼち、ではないかな?と見うけられる。
早朝観蓮会も七月一週目からみたいだし!

満開でないなら何処も「まあまあ」、
空は曇天、
ご飯も食べたら さあ何処行こうか!な
日曜の午後、ふと久しぶりに
京都花園町の法金剛院に行きたくなりました。
ここも花の寺との名乗り、
何かは咲いてるだろうし
山際で緑美しいかろう、と。
e0125762_03301974.jpg

そう、その通り(^-^)。
鉢植えの蓮以外は時期尚早、
池の蓮はひたすらひねもす緑。
でも見て頂ける様に紫陽花が綺麗でした。

ここで、院の全景も ひねもす緑な蓮池も
雨に濡れそぼる紫陽花も 押し込むのが常なのですが、アプリからの投稿は写真10枚まで。
今日は断腸の思いで蓮に絞ります。
二回に分けたらいいや、と書きかけた前回は
途中で投稿した写真もテンションも
流れも見失ないましたので。
むむむ。
e0125762_03302074.jpg

だから蓮。
ピンクピンクで参ります。
以前に来たのは2010.7.28。
http://cattalk.exblog.jp/13038006/
今回は2016.6.26。
何とまあ、月日は早いものか。
この時も曇天。
まあ恒例行事みたいなもんですね。
しかし、今リンクの為に見返したら
六年ぶりに行って来て今回も
同じアングルの写真が何枚かありました(笑)。
最近チラ見したから、久々に行きたいなって
気分にもなって見返してた筈なんですけどねえ。
月日経てども猫尾に変化無し。
えー、既にブレ無し!って事か
進化無しなのかはご判断に委ねます。

法金剛院についての詳細情報は
前記リンクの通り。
昔の猫尾はマメで真面目?でしたなあ。
何らかの変化か退化はある様に見受けられます。
はい。
e0125762_03302027.jpg

小雨に緑豊かな樹下伝いに雨宿りしながら
導かれる紫陽花の道。
一段と引き寄せられる、蓮花の道しるべ。
薄曇りでも輝く蓮の色。

ああ、今年もまた沢山この色を見たいな。
曙に目覚めるピンク、青空に伸び上がるピンク。
どれだけ見れるだろう?
どれだけ叶うだろう? と早々に気持ち震えます。
e0125762_03302095.jpg

握った拳を恐る恐る開いてゆくかの様な大輪。
秘して待つ花托の黄色が明るさを高める様です。
そっと両の手で囲いたくなる満開。
e0125762_03302112.jpg

晴れの日に光に透けるこの花弁が見たい。
そんな日はもうすぐの筈。
荒天相次ぐ近年、
長らく晴れの週末が少ない気がします。
桜も天気予報とスケジュールを見比べて
駆け回りました。
梅雨もまだ居座る今年、
願わくば蓮が輝く日に会いたいものです。
e0125762_03302110.jpg

然しながら、雨なら雨で花木はまた綺麗でした。
ロータス効果そのままに、葉に降る粒が
集まって風にキラキラ転がり、
戯れの果てに転げ落ちる。
縁に並んだ水滴も愛らしく
カメラを向けている間にも
リズミカルに転げて行きます。
移り変わる物事の様に留まる事無し。
e0125762_03302126.jpg

それでも葉に受け止められて
揺れる煌めきも一興。
水無月ならでは、尚早の蓮ならではの
景色だったかも知れません。

法金剛院の蓮は多種類。
そしてあまり大きくはない池ですが
蓮に満たされる池から伺い見る社殿もまた
美しいものです。
盛りにまた行けたらいいな♪
e0125762_03302227.jpg

六年振りに見た法金剛院の蓮。

毎年毎週何かを見たくてうろつきながら、
留めもせず、日々は過ぎております。
出来れば心震えた事草は遅ればせながらも
留めて行きたいものです。

何個目か前に書きました。
「何もないとこなんてないんだよ?」と。
そして今日は便乗?して思います。
何もない日なんてないんだよ?(笑)

京都と二重生活しだした この四年間
仕事してる平日すら
何か思い、何かを得てまする(^-^)。
連なる水玉の如く、降りしきる事草を受けて
何かを思いながら 何かを得ている日々は
高々365のサイクル。
そんな全てではありませんが、
気負わず気儘に思う侭に また嘯いて参ります。

ペース復活とまでは行きませんが
下半期は (いつの間にそんなに経ったんや?(笑)) ここでお目にかかる機会が増えますよに、
蓮に乗せまして。

相変わらず 猫尾は饒舌な女でありました(^-^)。
また近々? 続きを(笑)。

法金剛院
・住所:京都市右京区花園扇野町49
・アクセス:【JR】花園下車徒歩約5分
 【市バス】花園扇野町徒歩約2分
【京都バス】花園駅前徒歩約5分
・拝観時間:9:00~16:00
・定休日:無休
・電話番号:075-461-9428
・拝観料料:大人500円、小中高生300円

by cattail-kk | 2016-06-28 02:08 | 旅・おでかけ 京都 | Comments(0)