Simple Soul

4月の藤 ー和泉砂川 梶本さんちの藤まつり。

e0125762_0355135.jpg

本日は家猫化して家の中でごちゃごちゃしてたのですが、パソコンが壊れてた間の写真を見てたら何だか「祭り」が多いです。 それも日本三大祭り的なんじゃなく、説明が要りそうな。
多分、大規模な祭りよりも小さめな祭りが好きなんだろうなあ、と思った次第。
やっぱり載せたくなったので季節とかガン無視で載せてしまおう、4月25日「梶本さんちの藤祭り」。
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村




e0125762_0415178.jpg
昨年も書いてるので写真的に重複してるのははずしました。 信達宿・熊野街道は古い町並みも素敵ですがその辺は去年しつこく載せてます。
e0125762_044610.jpg

昨年行って知ってるのですが、和泉砂川の駅前は食べ物が手薄です!コンビ二やパン屋さんはない。
大層ひもじい思いをしたので今年は我が家の下の「たいやき たい夢」さんのたいやきを買って行きました。 
いつもお世話になりますねー(笑)。
e0125762_0464231.jpg

がっつりおにぎりとか買ってかなかったのはここ、「幸泉」さんの和菓子をがっつり買いたかったから。 和菓子好きな我が家の知ってる範囲で京都よりも金沢よりもここが一番と勝手にランキング指定してる和菓子屋さん。
e0125762_0496100.jpg

銘店の和菓子はそりゃ美味しい。 けど地元商店街にあるような和菓子屋さんもすごく美味しいとこ多いと思うのです。 ここはほんと絶品です。
e0125762_051657.jpg

お土産のパック以外に「すいません、すぐ食べる分を‥」と紙袋にも入れてもらう。
この日は家人が一緒でしたので、「若いのに和菓子好きなのー?珍しいわねー。」と言われる。
このバリエーションとしては「陶芸好きなのー?」「お寺好きなのー?」等があって、言われ慣れてる家人は「あー、はい。好きなんですー。」とそつない。慣れちゃったねえ(笑)。
e0125762_0561191.jpg

早速「おさつ饅頭」をがさがさ。この蜂蜜っぽいお芋の餡がやっぱ何とも絶品!!
e0125762_0575844.jpg

行儀悪く古い町並みを歩きます。この日はええ天気だったなあ。
e0125762_101217.jpg

狭い道を車に気をつけつつ歩いて梶本さんち。 ああ、今年も手前から漂う藤の香り。
e0125762_114877.jpg

撮影位置が手前過ぎて多くないように見えちゃいますが、見事な藤の天井なんですよー。
e0125762_133216.jpg

何だか今年は熊野詣での様なモデルさんが。 賑わってます。
e0125762_1562.jpg

去年はお家の屋根に登らせてもらったのですが、さすがに傷むそうなので今年は足場からだそうです。 
そりゃそーだ、楽しかったけど心配になったもん。
e0125762_17937.jpg

一人100円で。 しかし結構狭くて揺れますよ(笑)。
e0125762_183766.jpg

しかーし。見事に藤の海。そよぐ度に立ち上る香りと微かな音は絶景。
e0125762_1105738.jpg

これが1本の野田藤のものとは。 私も古民家に引っ越したら(そういう夢もあります ^^)藤植えるー。
e0125762_113885.jpg

丹精こめられたんだなあ、と今年も感謝。
e0125762_1141692.jpg
来年も来られるかなー。名残を惜しみつつちょっと他へ。
e0125762_1153892.jpg
夜はこの提灯も灯るらしいんだけど‥うろうろしちゃうので日暮れには帰ってしまって未見です。
e0125762_1183348.jpg

次のポイントは特別公開中の「角谷陣屋跡」。
去年見てるけど‥と言いつつ家人は初めてだし、せっかくなので拝見。
e0125762_122664.jpg
e0125762_1242636.jpg
e0125762_1251373.jpg
e0125762_1252635.jpg
e0125762_125452.jpg

何やらここでも珍道中だった様で受付のお姉さんやら説明の人にやたら笑われた気がするが、もう忘れました。
いたって真面目にやってんですがねー。
e0125762_1283776.jpg

相変わらず、古伊万里の便器は健在っと。 ちょっと記憶の限界なのでやっつけですね(笑)。
e0125762_1303919.jpg

庭園も牡丹か芍薬(わかりません)と共に新緑が萌えてきてました。
e0125762_1321064.jpg

実が成ってるのを見るといつも嬉しくなります。
e0125762_1335615.jpg

曇天女王たる私の天敵(?)晴天の元、「長慶寺」へ。
ここの仁王さんが尋常でなく怖かったのを家人に見せたい、その一心です。
e0125762_136957.jpg

石段前は躑躅が咲き乱れ。石段脇は紫陽花だったので6月の今頃は綺麗だったかも。
e0125762_1373161.jpg

この時、「今年は京都へ新緑を見に行こう」と思った事を思い出します。
なんだかんだと行かなかったなあ。
e0125762_1393860.jpg

仁王門は古いのですが境内は新しいものも多い。
e0125762_1405470.jpg

少し登っただけなのに海が見える墓地。観光寺ではなく地元のお寺さんです。
e0125762_1423619.jpg

優しいお顔の観音様(?)を発見。修復されてるとこ見ると言われがあったりするのかな。
e0125762_1441165.jpg

日陰を探すと涼んでる様な花。石畳に影を落としてました。
e0125762_1453511.jpg

何せ雲一つない晴天だった事を思い出します。
e0125762_1463250.jpg

しばし休憩して帰り道へ。 
e0125762_1481312.jpg

何やら不思議なバランスの犬を発見したりしつつ。(夏暑そうだな‥)
e0125762_1494736.jpg

少し空いてたので再度梶本さんちへ。中庭へ行きたかったのです。
e0125762_1514044.jpg

割と演奏会とかふるまいとかあって昼間は入れなかったので。
藤の香り、再び満喫。ここに住んでたら毎日香るんでしょうね。 なんと贅沢な。
e0125762_154553.jpg

去年今年と違う藤を見に行ったりしてますがここの藤は毎年見てみたい。
さて来年はどうでしょうか。
e0125762_1554487.jpg

藤と梶本さんちの猫にも別れを告げて帰途。
e0125762_1571087.jpg

決して大きなお祭りじゃないけどこういうのが一番町を知れていいな、と思うのです。
多分去年の日記で町歩きは細々書いてますので、興味がおありならどうぞそちらも。
おそらく来年も藤は咲きますよ ^^)。
by cattail-kk | 2010-04-25 02:01 | 旅・おでかけ | Comments(2)
Commented by ゆうさん at 2010-06-21 04:55 x
cattail-kkさん、お早うさんです。
和泉砂川っていうと、行くのにかなり時間がかかるのと違いますか?阪和線の普通で時々和泉砂川行きがありますよね。
これだけ見事な藤を見られるのなら、少々の距離は平気ですね。僕は何処でもドアが欲しいですわ。
村雨は岸和田の名物かなと思ってました。
Commented by cattail-kk at 2010-06-22 22:45
ゆうさん、こんばんはー。
天王寺からも結構ありますねー。他に何にもない(失礼!)とこですが藤と合わせてそこがいい!感じです ^^)。
あ、古い熊野街道がいい感じですよね。(←フォロー)
「幸泉」さんの村雨も美味しかったです。