Simple Soul

京都 比叡山 山頂にて虹とかわらけに願いを。 sanpo

e0125762_2356362.jpg

11月3日の祝日、とりわけ冷えた寒ーい日に京都側から比叡山に登りました。
ケーブルカー、ロープウェイ、虹に雪だるま。 山頂ではかわらけ投げ。
紅葉には少し早めでしたがお山満喫のホリディでした。



毎晩7時まで残業で「仕事が終わってからがその日の始まり!! さてなにして遊ぼう♪」な私も些かのびておりました。おまけにひさびさ足を痛めたらしい。
日頃歩き回って強度は充分と思ってたけどちょっとは自重したいと思いますー(笑)。
e0125762_14341623.jpg

さて、比叡山。 かねがね行きたい場所の一つでしたが、大物なので気候のいい時期にゆっくり行きたいなー、と愚考してました。 冷える、というこの日は私的には狙い目。 しかし遠いんですよねー。
地下鉄→京阪→叡山電鉄→ケーブルカー→ロープウェイ。で山頂。
まあ、乗った事のない乗り物は乗りたい方針なので覚悟して参る。
e0125762_14394586.jpg

叡山電鉄は鞍馬・貴船方面よりは空いてました。 今度はあっちに行こう(笑)。
2両の電車が可愛いです。15分程で到着〜。駅を出た時点で空気はひんやり。 もう山里の気配です。
この八瀬も一度行って見たかったとこなのでもうご機嫌です。
e0125762_14425998.jpg

茶店も多く、露店も柴漬け売ってたり。 駅横は川が流れるGOODロケーション。
ここから300m程で紅葉が美しい瑠璃光院があります。帰りに下見してきました。
e0125762_14454136.jpg

1、2分でケーブルカーの駅。山頂まで9分程で、その勾配は凄い物がある。
「カーブあり、急傾斜ありの叡山ケーブルは延長1.3km。標高差は日本一の561mで、その間を所要時間9分で結んでいます。」との事。
e0125762_1450321.jpg

ここオンリーに特化したデザインが素敵。 中は階段状に座席があります。
e0125762_145272.jpg

単線?と疑問に思ってましたがこういう事。 ここですれ違いますが何だかわくわくして待ってしまう。
e0125762_1453343.jpg

すぐに京都市内は遠景に。 位置取りが悪かったのでこんなもんでしたが、見晴らしは絶景でした。
e0125762_14551053.jpg

降りると紅葉の絨毯。息も白くなって来ました。
e0125762_14572513.jpg

もうここでも満足なんですが、ロープウェイがすぐ発車、と言う事なのであんまり考えず乗り込む。あんまり大規模なんで具体的に何処へ行きたいかとか決めてない。例によって成り行きまかせ。
「ケーブル終点から比叡山頂までは、ロープウェイで約3分の空中散歩がお楽しみいただけます。」と言う事ですが3分300円程が高いか安いか。 
e0125762_1504656.jpg

私はこの眺望は一度乗ってみて損はないと思います。偶然、トップ写真の様な虹も見れたし。
虹を見下ろしたのは初めてでした♪
e0125762_153079.jpg

「しかし、あっという間に別世界にこれるもんやなあ。」「ね、家人其の2も来たら良かったのに」「良かったのに。」ささやかな家庭内での優越感に満ちた会話をしてますが、実はこの後ノープラン。
e0125762_1565028.jpg

駅の温度は9℃。しかし屋内なので外は2℃程低いそうです。
e0125762_158984.jpg

「もっと低いってさ。」「そうやろなあ。あっ、だるまおるし!」「わははは、だるまやしー。」
予想外の風景の連続にテンションも上がります。
e0125762_15102184.jpg

さあって、どこを目指そう? 「早めの紅葉と延暦寺の寺」を見たかったのですがもう何でもいいや!
e0125762_15114898.jpg

山頂から琵琶湖を拝見。場合に寄っては坂本ケーブルで滋賀側から下山、も考えてるのですが。
「な、うどんって書いてある。うどん喰ったらいかんですか?」寒さに家人が主張し始めましたのでまず、売店へ。
e0125762_151428100.jpg

「よく考えたら俺朝うどん鍋喰ってたから米で。」と家人は牛丼。湯気がほっかほか。
e0125762_15152611.jpg

おでんもほっかほか。牛丼はもひとつだったそうですが、おでんは味がしみておいしかったです。
「今日はソフトクリームやってないって。」「喰いたかったんかい!」「ちょっと、ね。」
昼時でもあり、1軒しかないのもあいまって満員でした。ここから京阪三条駅や京都駅行きのバスも出てます。もちろん来るバスもあるのですが55分と書いてありました。結構お好きな方法で来れるんだな。
e0125762_15191655.jpg

私達の選択は歩き。延暦寺まで2kmなら歩こうではないか。折角のお山やし。
e0125762_15224054.jpg

ハイキングコースにもなっているので山歩き装備の人も多いです。
「おはよーございまーす」「おはよーございまーす」と知らない人とも声かけ合って過ぎるのが山歩きルール。
「な、山歩きに着たんだっけ?」「細かい事は気にしないのです。」
e0125762_15245746.jpg

こーんな景色が見れるんなら細かい事は気にしない!!
e0125762_15262838.jpg
e0125762_15271516.jpg

絶景と冷たい空気に満足しながらざっくざっく歩きますが、足元は小石大石の上に枯れ葉がトッピングされて結構危ない。
「実はですね。」「ん?」「私の左側、一応柵はあるんですけどかなりの崖っぷち。」
「あー、ほんまやなあ。落ちんとってなあ。拾いに行くのめんどくさそうやし。」「はい。」
e0125762_15291641.jpg

「って言いながら何でパン食いながら歩いてんねん!」「いや、今頃小腹がね……」
ほんとはしっかりストックもって歩いたが安全かと。 カメラとパンを持って歩く道ではありませんでした。
e0125762_15315261.jpg

この日はまだ葉先が色づいてきたぐらい。
e0125762_15343755.jpg

苔もキノコも生えていて静かでひんやりとした山中でした。
 ケーブルの駅で野鳥の紹介がされていて、「大鷲が見たい。」と言う私に家人が「ああ、大鷲な。大鷲気をつけなハゲにされるで。」「ハゲ!?なんで!!」「いや。自分でもよく分からん。」と意味不明な発言。山に来ると訳の分からん事をいいだすのはいつもの事。
「でもな、鳴き声も書いてあったやん。」「ああ、『フィーフィー』とか書いてあったなあ。」「中にな、どの鳥か忘れたけど『ケッ!』って鳴くのがおるらしい。」「『けっ』って! それどんなんやろ??」「な、気になるやろ。」「むっちゃ聞いてみてえ!!」とぐだぐだな事を言いつつざっくざっく歩くと延暦寺ゾーンへ着きました。 山全体が延暦寺、だとは聞きましたがね(笑)。

山歩きっぽいのはここまでで、延暦寺と紅葉はまた。 (既に長い……)
結局帰りも同じルートで(シャトルバスも使いましたが)帰る事にして少し余裕があったのでケーブル前に「かわらけなげ」を。
e0125762_1548633.jpg

この山頂で輪っかを通せれば願いがかなう、とよくあるんですけど通せた事がない。
ここでもトライ!
e0125762_15494650.jpg

ちょっと待て。 「辛」ってなんだ??
「……『幸』と書こうとしてんけど。」……それは君が投げて下さい。「家内安全」よりも大事な事があるような気がして来たわー。
e0125762_15521977.jpg

少しフリスビー的にカーブするので結構難しい!! 3枚とも入らなかったわ。
「よかったなあ、『辛』だけ入ってたらどんな目にあってたかとドキドキしたわ。」
多分神様もシカトしたと思うよ。
e0125762_15554926.jpg

待ち時間15分の間、みなさんトライしてました。ここはお父さんや彼氏の見せ場だと思うんですが、みんな入らず。やっぱ難しいよね!
e0125762_15573528.jpg

お役御免のケーブルカーに夕陽の残照。
綺麗なお山と色んな乗り物も堪能した比叡山でした!

って延暦寺もまた(笑)。
by cattail-kk | 2009-11-04 00:01 | 旅・おでかけ | Comments(2)
Commented by ゆうさん at 2009-11-06 07:37 x
cattaik-kkさん、お早うさんです。
雪だるま君、エライたれ目になってますね。
しかし、ここ2~3日ホンマに寒いですね。真冬にこの気温やったら「今日は温いな」と言うのでしょうけど。
Commented by cattail-kk at 2009-11-07 16:08
ゆうさん、こんにちは=。
そちらへ遊びに行ってばかりでしたが詳細を書いてみました(笑)。
気温が上がったり下がったり激しくて困ってしまう今日この頃ですね。
だんだんと、と言うのが望ましいですが気まぐれですねー^^)